カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
106

孤独である時

孤独である時 聖なる自己が語りかけてくる孤独である時 守護霊、守護神を強く意識でき、常に見守られ、導かれていることに気づく孤独である時 今まで見過ごしてまっていた無限なる叡智、直観に気づく孤独である時 自らの肉体の深奥に神を見る... 孤独である時<br /> 聖なる自己が語りかけてくる<br /><br />孤独である時<br /> 守護霊、守護神を強く意識でき、常に見守られ、導かれていることに気づく<br /><br />孤独である時<br /> 今まで見過ごしてまっていた無限なる叡智、直観に気づく<br /><br />孤独である時<br /> 自らの肉体の深奥に神を見る<br /><br />
105

真の祈り

神世のひびき西東聖者賢者の言(こと)の葉とひびきわたりて幾久し真(まこと)の人の次々とこの世に生(あ)れてにごり世を光り照らせど時ならず天の心の地にひそみ闇世の長くつヾきつつ今や地球の人の世の傾きかけて危うかり古き世々より示されし末世は今と神々のみ心遂いに定まりてここに慈愛のみ光りの人の世近く降(お)り給い世界平和の真祈りに応え給いて救世の大光明と降りそそぐ... 神世のひびき西東<br />聖者賢者の言(こと)の葉と<br />ひびきわたりて幾久し<br />真(まこと)の人の次々と<br />この世に生(あ)れてにごり世を<br />光り照らせど時ならず<br />天の心の地にひそみ<br />闇世の長くつヾきつつ<br />今や地球の人の世の<br />傾きかけて危うかり<br />古き世々より示されし<br />末世は今と神々の<br />み心遂いに定まりて<br />ここに慈愛のみ光りの<br />人の世近く降(お)り給い<br />世界平和の真祈りに<br />応え給いて救世の<br />大光明と降りそそぐ<br />
104

真に世界の平和を望むならば

宗教間対立、宗教内対立国家間対立、国家内対立人種間、民族間対立、人種内、民族内対立家庭内対立、個の対立、自らの内なる対立人類の平和と幸せを常に根底から揺さぶりつづける対立いつでもどこでも誰の心の中にもこの対立は存在する一方、誰の心の中にも同時に和解の心、赦しの心が存在する宗教は他の宗教を認め、互いに尊重しあい被害者は加害者を赦し、和解への道を歩もうとする宗教が悪いのではない、宗教者が悪いのだ国が悪... 宗教間対立、宗教内対立<br />国家間対立、国家内対立<br />人種間、民族間対立、人種内、民族内対立<br />家庭内対立、個の対立、自らの内なる対立<br />人類の平和と幸せを常に根底から揺さぶりつづける対立<br />いつでもどこでも誰の心の中にもこの対立は存在する<br /><br />一方、誰の心の中にも同時に和解の心、赦しの心が存在する<br />宗教は他の宗教を認め、互いに尊重しあい<br />被害者は加害者を赦し、和解への道を歩もうとする<br />宗教が悪いのではない、宗教者が悪いのだ<br />国が悪いのではない、政治家が悪いのだ<br />人種や民族が悪いのではない、人種や民族の中で過激な人々が悪いのだ<br />宗教を語る前に<br />国や政治を語る前に<br />人種や民族を語る前に<br />自分が人類に対してそれらを語るにふさわしい真の指導者であるか否かを見定めなければならない<br />自分が人類に対して神の叡智、愛、慈悲心、赦し、感謝の言動を真に表しているか否かをチェックしなければならない<br />そして真の宗教者、政治家、人種や民族の指導者は<br />自らが自らに真の正義、信頼、調和、誠実、勇気があるかどうかを問い正さなければならない<br />そこには一切の疑惑、不誠実、権力欲、エゴがあってはならない<br />それでこそ人類を自由で輝かしい希望あふれる世界へと導いてゆけるのだ<br />
103

遺伝子に刻印された人類の未来

二十世紀飛行機が人類を地球上の各地へ運んだように二十一世紀宇宙船が人類を宇宙へと運ぶ宇宙へ行ってみたいという人々の願望は実現へと近づいている二十世紀モノが、人が、金が、そして情報がどんどん国境を超え、流れていったように二十一世紀真理が、世界平和の祈りが、印がマンダラがどんどん国境を超えて流れてゆく地球は、分離から融合へ紛争から平和へ差別化から統合化へ非真理から真理へと展開してゆく... 二十世紀<br />飛行機が人類を地球上の各地へ運んだように<br />二十一世紀<br />宇宙船が人類を宇宙へと運ぶ<br />宇宙へ行ってみたいという人々の願望は<br />実現へと近づいている<br /><br />二十世紀<br />モノが、人が、金が、そして情報が<br />どんどん国境を超え、流れていったように<br />二十一世紀<br />真理が、<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank">世界平和の祈り</a>が、<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/in.html" target="_blank">印</a>が<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/mandala.html" target="_blank">マンダラ</a>が<br />どんどん国境を超えて流れてゆく<br />地球は、分離から融合へ<br />紛争から平和へ<br />差別化から統合化へ<br />非真理から真理へと展開してゆく<br /><br />
102

究極の真理はすべてを解き放つ

もしあなたが失敗を恐れれば、あなたは失敗を手にする挫折を恐れれば、挫折を手にする幸福を疑えば、不幸を手にすることになるだが、あなたはこう言うであろう自分は常に幸せを求めつづけてきたのだと・・・・・が、幸せを求める過程であなたは、余りにも不幸を恐れつづけてきたのだ自分自身に対して敬意を払えない人が何故、人から尊敬され得ようか尊敬を求めれば求めるほど自分自身の内側に自らを責め裁き軽蔑しているもう一人の... もしあなたが失敗を恐れれば、あなたは失敗を手にする<br />挫折を恐れれば、挫折を手にする<br />幸福を疑えば、不幸を手にすることになる<br />だが、あなたはこう言うであろう<br />自分は常に幸せを求めつづけてきたのだと・・・・・<br />が、幸せを求める過程で<br />あなたは、余りにも<br />不幸を恐れつづけてきたのだ<br /><br />自分自身に対して敬意を払えない人が<br />何故、人から尊敬され得ようか<br />尊敬を求めれば求めるほど<br />自分自身の内側に<br />自らを責め裁き軽蔑している<br />もう一人の自分が存在しているのだ<br /><br />自らを“<a href="http://www.byakko.or.jp/1_about/teaching.html" target="_blank">我即神也</a>”と見つづけ、印を組む人は<br />自分がことさら望みも求めもしないのに<br />人々から敬意が払われる<br />自らの内から真理がほとばしり<br />神々しい光が辺り一帯に放たれてゆくからだ<br />究極の真理はあなたを解き放つ<br />究極の真理はすべてを解放する<br /><br />
101

私たちの祈り

起きる時に祈り朝日に祈り食事に祈り歩きながら祈り車中で祈り職場で祈り寝床で祈る私たちは祈りの中で生活させて貰つています私たち同志はみんなこう云いみんな祈りを行じつづけて明るいにこやかな顔で生きている貧も病気も はてはあの世への訣別も只々世界平和の祈りの中を通り過ぎてゆく影絵である事を私の同志たちは知つている世界人類が平和でありますように・・・・・・・・・・・・・・・・・・私共の天命が完うされますよ... 起きる時に祈り<br />朝日に祈り<br />食事に祈り<br />歩きながら祈り<br />車中で祈り<br />職場で祈り<br />寝床で祈る<br /><br />私たちは祈りの中で生活させて貰つています<br />私たち同志はみんなこう云い<br />みんな祈りを行じつづけて<br />明るいにこやかな顔で生きている<br /><br />貧も病気も はてはあの世への訣別も<br />只々<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank">世界平和の祈り</a>の中を<br />通り過ぎてゆく影絵である事を<br />私の同志たちは知つている<br /><br />世界人類が平和でありますように<br />・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br />私共の天命が完うされますように<br /><br />
100

白光の道

私の行くのは此の道ださうはつきりきめたその日から胸の中にほかほかと火がともり頭上の太陽が身近なか光になつてきた私の歩む道は横広がりの道ではなく青空の中に昇つてゆく道だ黒雲と黒雲の間を縫つて私は光の道を昇つてゆく... 私の行くのは此の道だ<br />さうはつきりきめたその日から<br />胸の中にほかほかと火がともり<br />頭上の太陽が身近なか光になつてきた<br /><br />私の歩む道は横広がりの道ではなく<br />青空の中に昇つてゆく道だ<br />黒雲と黒雲の間を縫つて<br />私は光の道を昇つてゆく<br /><br />
98

永い時の流れの中で

永い時の流れの中で歴史は終わることのない道のりを歩みつづけている人はみな神そのものの姿を地上に顕現するために自らの意志によりこの世に誕生してくるのである誰もイスラエル人として、パレスチナ人として生まれてきたのではなくインド人として、パキスタン人として生まれてきたのでもない悠久の時を得て、人はみな我即神也そのものを顕すたまに今生に降り立っているのであるただし、自らの意志で両親を選ぶことにより肉体が誕... 永い時の流れの中で<br />歴史は終わることのない道のりを<br />歩みつづけている<br />人はみな<br />神そのものの姿を地上に顕現するために<br />自らの意志により<br />この世に誕生してくるのである<br /><br />誰もイスラエル人として、パレスチナ人として生まれてきたのではなく<br />インド人として、パキスタン人として生まれてきたのでもない<br />悠久の時を得て、<br />人はみな<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank">我即神也</a>そのものを顕すたまに今生に降り立っているのである<br />ただし、自らの意志で両親を選ぶことにより<br />肉体が誕生した地がアフガニスタンであったり、レバノンであったり、イランであったりするのである。<br />かつまた、生まれし時より仏教徒として、キリスト教徒として運命づけられているのでもなければ、ユダヤ教徒として、イスラム教徒として、あるいはヒンズー教徒として運命づけられているのでもない<br />人はみな究極の天命「我即神也」そのものを顕現するために<br />今生に生まれてきているのである<br />すべては必要があってのこと、必然である<br />すべてがそこに行きつくためのプロセスである<br />誰もが自分の人生の計画を成就させるために生まれてきているのである
97

自らを解放する近道

宇宙神は、究極なる真理の法則をもって厳然としてこの宇宙を治めている我々は五井先生に導かれこの究極なる真理の法則に則り自らの新しく輝かしき人生を創造しつづけているここまでに至る道は実は険しかった 厳しかった 苦しかった 凄まじかったそして忍耐の連続であった究極の真理に導かれる以前の我々は愚かにも常に外なる敵と戦いつづけてきた誤った知識、誤った情報、誤った真理に翻弄され内なる欲望に振り回され外に自らの... 宇宙神は、究極なる真理の法則をもって<br />厳然としてこの宇宙を治めている<br /><br />我々は<a href="http://www.byakko.or.jp/2_goi/goi_prof.html" target="_blank">五井先生</a>に導かれ<br />この究極なる真理の法則に則り<br />自らの新しく輝かしき人生を創造しつづけている<br /><br />ここまでに至る道は<br />実は険しかった 厳しかった 苦しかった 凄まじかった<br />そして忍耐の連続であった<br /><br />究極の真理に導かれる以前の我々は<br />愚かにも常に外なる敵と戦いつづけてきた<br />誤った知識、誤った情報、誤った真理に翻弄され<br />内なる欲望に振り回され<br />外に自らの敵をつくり出しては<br />それらに挑戦し、戦いつづけてきた<br />全く愚かにも次々と新たなる敵を外につくり出しては<br />新たなる苦悩、悲惨、絶望を生み出してきた<br /><br />
96

人類即神也の印とは

人類即神也の印は直接、世界の平和を創造するための印ではない人類即神也の印は、直接、戦争や紛争をなくすための印ではない直接、飢餓や貧困をなくすための印ではない病気や事故を防ぐための印ではない天変地異や災難を限りなく抑えるための印ではない戦争や紛争を引き起こす各国の政府や組織、元首や権力者を押さえるための印でもない人類即神也の印は、人類一人一人にそれらの苦悩や不幸や悲惨な状況を引き起こす自らの無知と愚... <a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/in.html" target="_blank">人類即神也の印</a>は<br />直接、世界の平和を創造するための印ではない<br />人類即神也の印は、<br />直接、戦争や紛争をなくすための印ではない<br />直接、飢餓や貧困をなくすための印ではない<br />病気や事故を防ぐための印ではない<br />天変地異や災難を限りなく抑えるための印ではない<br />戦争や紛争を引き起こす各国の政府や組織、元首や権力者を押さえるための印でもない<br /><br />人類即神也の印は、<br />人類一人一人にそれらの苦悩や不幸や悲惨な状況を引き起こす<br />自らの無知と愚かさを気づかせるために組む印である<br />人類一人一人を本来の真我に目覚めさせるための印である。<br />人類一人一人を究極の真理に目覚めされるための印である<br />人類一人一人の内なる神性を引き出すための印である。<br />そして、人類一人一人の心の中にある自らの否定的感情想念に光を当てる印である。<br />人類一人一人が心の敵に打ち克つようになるための印である。<br />人類一人一人の心の中に巣くう否定的感情想念を洗い浄めるための印である。<br />人類一人一人の究極の真理に対する無知と愚かさを戒める印である。<br />
94

大変遷期の終焉(しゅうえん)

生、老、病、死・・・・・我々は、これまで自分にかかわることのみを追求し、考え、生きてきた自分の幸福、自分の苦悩、自分の真理への目覚め、心の平安常に自分のことのみが先行し、人類のことはあとまわしにしたましてや動物、植物、大自然、そして生きとしいけるもののことなど眼中に無かったあるのは、自我、我欲、執着の想いのみ他の一切のことはあずかり知らなかった人類は、自らが自らの意識を束縛し自らの可能性を閉じこめ... 生、老、病、死・・・・・<br />我々は、これまで自分にかかわることのみを<br />追求し、考え、生きてきた<br />自分の幸福、自分の苦悩、自分の真理への目覚め、心の平安<br />常に自分のことのみが先行し、人類のことはあとまわしにした<br />ましてや動物、植物、大自然、そして生きとしいけるもののことなど眼中に無かった<br />あるのは、自我、我欲、執着の想いのみ<br />他の一切のことはあずかり知らなかった<br /><br />人類は、自らが自らの意識を束縛し<br />自らの可能性を閉じこめ<br />自らの自由を抑圧し<br />自らの存在を打ち消してきた<br />そして、世界に葛藤、対立、苦悩、衝突を引き起こし<br />ついには戦争、貧困、飢餓、病気、テロなどの行為に至り<br />地球人類崩壊の道を辿らざるをえなかった<br /><br />大変遷期はいま終わろうとしている<br />人類は聖なる神我に目覚めはじめている<br />生命の精妙な領域<br />自らの目的と使命<br />光の存在<br />ワンネス<br />個を超えた慈悲心<br />宇宙との共鳴<br />進化と再生<br /><br />
95

桜花片

庭の花我れを呼ぶゆえペン置きて... 庭の花我れを呼ぶゆえペン置きて
93

無限なる叡智の海の中からー高次元の真理はかくして地上に降ろされるー

新しいものを生み出すという苦労は、誰にもわからないだろうそして、生み出したその至福もまた、誰にもわからないだろう私は時折、生みの苦しみに喘ぎながら横へ、後ろへ、斜めへと行きつ戻りつ、止まりつ、眺めつつそして遂に、一歩前に突き進んでゆくのであるこの作業は、何度も繰り返されるテーマを見出すために時間がかかるそしてテーマを見出しても、後が続かない完成に至るまでには、途方もないプレッシャーがのしかかるだが... 新しいものを生み出すという苦労は、誰にもわからないだろう<br />そして、生み出したその至福もまた、誰にもわからないだろう<br /><br />私は時折、生みの苦しみに喘ぎながら<br />横へ、後ろへ、斜めへと行きつ戻りつ、止まりつ、眺めつつ<br />そして遂に、一歩前に突き進んでゆくのである<br /><br />この作業は、何度も繰り返される<br />テーマを見出すために時間がかかる<br />そしてテーマを見出しても、後が続かない<br />完成に至るまでには、途方もないプレッシャーがのしかかる<br />だが、いざ書き出すと<br />自分では考えられないほどの、無限なる叡智の海に取り囲まれる<br />しばし困惑しつつ、叡智の海の中を泳ぎまわる<br />うまく泳げない私は、叡智の中でアップアップするのみ<br />時には溺れ、時には大量の水(叡智)を飲み干し、苦しみつづける<br /><br />美しく、見事に、完璧に泳ぎきるためには<br />まず泳ぎ方を学ばなければならないであろう<br />しかし、私には未だにそのような泳ぎ方は皆目判ってはいない<br />そもそも教わる意志がないのである<br /><br />
92

すべてのことは相応しい時に生じている

たとえ病気で倒れようとも人に裏切られようとも事故に遭おうとも災難を破ろうともすべては必然である。この世に偶然など決してないあろうはずがない初めからないのだすべては決められている必然である... たとえ病気で倒れようとも<br />人に裏切られようとも<br />事故に遭おうとも<br />災難を破ろうとも<br />すべては必然である。<br /><br />この世に偶然など決してない<br />あろうはずがない<br />初めからないのだ<br />すべては決められている<br />必然である<br /><br />
91

人類一人一人が、未来に向かって飛躍してゆく時

究極の真理はあまねく地上に降ろされている我々はみな、それぞれのレベルにてこれからの真理を受け取っている魂のレベルにて霊性のレベルにて精神のレベルにて肉体のレベルにて物質のレベルにて我々は時には、それらの真理を自らのものに至らしむるまでに矯(た)めつ眇(すが)めつ、眺めつつかざしては、心の中にしまい込みまた改めて引っぱり出しては、考え直し迷いつ、疑いつ、試行錯誤しつつ再び真理と対峙する... <a href="http://www.byakko.or.jp/1_about/teaching.html" target="_blank">究極の真理</a>はあまねく地上に降ろされている<br />我々はみな、それぞれのレベルにて<br />これからの真理を受け取っている<br /><br />魂のレベルにて<br />霊性のレベルにて<br />精神のレベルにて<br />肉体のレベルにて<br />物質のレベルにて<br /><br />我々は時には、それらの真理を<br />自らのものに至らしむるまでに<br />矯(た)めつ眇(すが)めつ、眺めつつ<br />かざしては、心の中にしまい込み<br />また改めて引っぱり出しては、考え直し<br />迷いつ、疑いつ、試行錯誤しつつ<br />再び真理と対峙する
90

光の石段を登ろう

緑の林を切り開いて 天までつづく石段ができた その石段を一歩一歩登つてゆくと 大光明の世界に出る 七色の光きらめく妙なるひびきが 石段を登りきつたところから宇宙中にひびきわたるそこは聖(ひじり)ヶ丘 天のみ心がそのままうつし出されている丘 神々の大調和の姿が祈り心となつて 人々の汚れた想いを浄め去つてくれる... 緑の林を切り開いて <br />天までつづく石段ができた <br />その石段を一歩一歩登つてゆくと <br />大光明の世界に出る <br />七色の光きらめく妙なるひびきが <br />石段を登りきつたところから宇宙中にひびきわたる<br />そこは聖(ひじり)ヶ丘 <br />天のみ心がそのままうつし出されている丘 <br />神々の大調和の姿が祈り心となつて <br />人々の汚れた想いを浄め去つてくれる <br /><br />
88

さくら

めずらしく風なく天地花あかり今年又明るさませり花の庭若葉樹々控えに今は花の庭... めずらしく風なく天地花あかり<br /><br />今年又明るさませり花の庭<br /><br />若葉樹々控えに今は花の庭<br /><br />
87

世界の調和は日本人の手で

地球滅亡の音が人類の滅びるひびきがあなた方にはまるっきり聞えないというのか国と国とはお互いが愛し合わなければならないはずだがどうだろうこの現実はお互いが腹のさぐり合っての武力拡張競争どこに愛と信義のつき合いがあるというのだ... 地球滅亡の音が<br />人類の滅びるひびきが<br />あなた方にはまるっきり聞えないというのか<br />国と国とはお互いが愛し合わなければならないはず<br />だがどうだろうこの現実は<br />お互いが腹のさぐり合っての武力拡張競争<br />どこに愛と信義のつき合いがあるというのだ<br />
86

私たちの道

自分の生命の危険を顧みず人の為に尽くしている人をみると私の目頭は熱くなる他(はた)からみれば大きな犠牲の行為なのにその当人は当然のことのように素直に自然に行為しているその人の心には誇りもなければてらいもない自然法爾(じねんほうに)に自己犠牲の愛の精神に生きるそういう人を私は限りなく尊敬する... 自分の生命の危険を顧みず<br />人の為に尽くしている人をみると<br />私の目頭は熱くなる<br />他(はた)からみれば大きな犠牲の行為なのに<br />その当人は当然のことのように<br />素直に自然に行為している<br />その人の心には誇りもなければてらいもない<br />自然法爾(じねんほうに)に自己犠牲の愛の精神に生きる<br />そういう人を私は限りなく尊敬する<br />
76

本心

地球の未来を輝す為に人々が是非知らなければならぬ事があるそれは御身たちの真実が御身たちの本心が肉体生活にまつはる欲望と恐怖とそして悲哀と憎悪と云ふ黒い翼に蔽はれてゐると云ふ事であるそれよりも亦(また)一層深く知らねばならない事は御身たちの本心は御身たちの真実は宇宙を動かしてゐる大いなる叡慧無比絶対なるエネルギーの源泉に其の基を置いてゐると云ふ事である御身たちの本心は常に神と一つであり御身たちの真実... 地球の未来を輝す為に<br />人々が是非知らなければならぬ事がある<br />それは御身たちの真実が<br />御身たちの本心が<br />肉体生活にまつはる欲望と恐怖と<br />そして悲哀と憎悪と云ふ<br />黒い翼に蔽はれてゐると云ふ事である<br />それよりも亦(また)一層深く知らねばならない事は<br />御身たちの本心は<br />御身たちの真実は<br />宇宙を動かしてゐる大いなる叡慧<br />無比絶対なるエネルギーの源泉に<br />其の基を置いてゐると云ふ事である<br />御身たちの本心は常に神と一つであり<br />御身たちの真実は神から発する光である<br />そして御身たちは嘗(かつ)ては本心そのものであつたと云ふ事である
85

自らに降りそそがれている光

一つの出会い小さな出会い何気ない出会い偶然の出会い・・・・・それらの出会いのすべてに深い意味が隠されている一つの出来事小さな出来事何気ない出来事偶然の出来事・・・・・・それらの出来事のすべてに深い洞察が隠されている... 一つの出会い<br />小さな出会い<br />何気ない出会い<br />偶然の出会い・・・・・<br />それらの出会いのすべてに<br />深い意味が隠されている<br /><br />一つの出来事<br />小さな出来事<br />何気ない出来事<br />偶然の出来事・・・・・・<br />それらの出来事のすべてに<br />深い洞察が隠されている<br />
84

人類よ 宇宙法則に乗ろう

宇宙は動きつづけている生きとし生けるものありとしあらゆるものすべてが動きつづけている大は星辰の世界から小は素粒子の世界までその動きは常に調和を求めつづけ不調和のままで止まることはできない... 宇宙は動きつづけている<br />生きとし生けるもの<br />ありとしあらゆるもの<br />すべてが動きつづけている<br />大は星辰の世界から小は素粒子の世界まで<br />その動きは常に調和を求めつづけ<br />不調和のままで止まることはできない<br /><br />
83

死と生の真実

人はいつまでも永遠に生きることに執着する人類がこれほど執拗(しつよう)にしがみつき死を拒絶しつづけるのは何故であろうか自分をこの世に永続させたいという人類の圧倒的な欲求に私は驚くのである死への重圧が常に生にのしかかり生からも死からもなかなか自由にならぬこの現実一体なんたることか人類は未だ訪れもしない非現実に怯えているそして、これほど重く人類一人一人を脅かしつづける死とは・・・・。... 人はいつまでも永遠に生きることに執着する<br />人類がこれほど執拗(しつよう)にしがみつき<br />死を拒絶しつづけるのは何故であろうか<br /><br />自分をこの世に永続させたいという<br />人類の圧倒的な欲求に私は驚くのである<br />死への重圧が常に生にのしかかり<br />生からも死からもなかなか自由にならぬこの現実<br />一体なんたることか<br />人類は未だ訪れもしない非現実に怯えている<br />そして、これほど重く人類一人一人を脅かしつづける死とは・・・・。
82

一粒の種

どんな木でも種がなければ芽が出ないどんな大木も小さな一粒の種から育つそんな一粒の種から生まれた“世界人類が平和でありますように”この祈りは、国境、人種、民族、宗教、文化、伝統、習慣、主義主張を超え人類の心を一つに結びつけるため人類の永遠の平和を託し地上に蒔かれた... どんな木でも種がなければ芽が出ない<br />どんな大木も小さな一粒の種から育つ<br /><br />そんな一粒の種から生まれた<br />“世界人類が平和でありますように”<br />この祈りは、国境、人種、民族、宗教、文化、伝統、習慣、主義主張を超え<br />人類の心を一つに結びつけるため<br />人類の永遠の平和を託し<br />地上に蒔かれた
81

買物犬

自動車 自転車 オートバイ行き交い繁き街中を犬が一匹歩いてくる買物籠をしっかとくわえゴー ストップも知りきったように人々の歩みに歩調を合わせる肉屋と八百屋と魚屋と... 自動車 自転車 オートバイ<br />行き交い繁き街中を<br />犬が一匹歩いてくる<br />買物籠をしっかとくわえ<br />ゴー ストップも知りきったように<br />人々の歩みに歩調を合わせる<br />肉屋と八百屋と魚屋と<br />
80

その人

山に籠もて山に居らず市井(しせい)にありて市井に居らず光に住して光に居らず或る時は静 或る時は動凡夫と談笑して凡夫を浄め為政者と共にありては国を浄む... 山に籠もて山に居らず<br />市井(しせい)にありて市井に居らず<br />光に住して光に居らず<br />或る時は静 或る時は動<br />凡夫と談笑して凡夫を浄め<br />為政者と共にありては国を浄む
79

何故?

なぜ、人は自分の国を選び、人種民族、宗教を選び、そして両親を選んでこの世に誕生するの?なぜ、人は肉体を持っているの?なぜ、肉体は自分の思うようにならないの?なぜ、人は生き、死ぬの?なぜ、人は悩み苦しむの?なぜ、人は死ぬことを恐れるの?なぜ、人は幸福を求めるの?... なぜ、人は自分の国を選び、人種民族、宗教を選び、そして両親を選んでこの世に誕生するの?<br />なぜ、人は肉体を持っているの?<br />なぜ、肉体は自分の思うようにならないの?<br />なぜ、人は生き、死ぬの?<br />なぜ、人は悩み苦しむの?<br />なぜ、人は死ぬことを恐れるの?<br />なぜ、人は幸福を求めるの?
78

静寂

今から一体何が生れてくるのか誰れにも判らないこの静寂いつ破れるかも知れない騒音世界の奥底にあるこのしじま過去の過去から未来の未来までのすべてを生みなし育ぐくむ力の根源大生命の発するところ空(くう)の空のまた空の無限の深さからくるこのひびき... 今から一体何が生れてくるのか<br />誰れにも判らないこの静寂<br />いつ破れるかも知れない騒音世界の<br />奥底にあるこのしじま<br />過去の過去から未来の未来までの<br />すべてを生みなし育ぐくむ力の根源<br />大生命の発するところ<br />空(くう)の空のまた空の<br />無限の深さからくるこのひびき
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。