カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
138

青年よ 素直に神のみ言葉を聞け

青年よ 素直に神のみ言葉を聞け人は東西南北の間に住んでいるのではない天地縦横無限の間に住んでいるのである学業も職業も天から授かるもの社会学が学業より以上深く必要な場合は天はその人を社会学に直進させる人間至るところ青山(せいざん)あり なのである... 青年よ 素直に神のみ言葉を聞け<br /><br />人は東西南北の間に住んでいるのではない<br />天地縦横無限の間に住んでいるのである<br /><br />学業も職業も天から授かるもの<br />社会学が学業より以上深く必要な場合は<br />天はその人を社会学に直進させる<br />人間至るところ青山(せいざん)あり なのである<br /><br />
137

弱者の叫びが光に変わる~踏みつけられし草花の

何もかも忘れ何もかも放棄し何もかもから離れ何もかもから解放されただただ太陽のもとに自らの肉体を思う存分ゆだねてみたい途中何ものにも邪魔されぬようそんな小さな望みを心ひそかに抱きつついつまでも いつまでも 心ゆくまで・・・・・・心は何ものにも遮られることなく自由に天に飛翔してゆく無限なる光の中に、きらめきの中に、愛の中にどこまでも深く 高く 高く・・・・・地の在りて半世紀我がミッションは天(五井先生... 何もかも忘れ<br />何もかも放棄し<br />何もかもから離れ<br />何もかもから解放され<br /><br />ただただ<br />太陽のもとに<br />自らの肉体を思う存分ゆだねてみたい<br />途中何ものにも邪魔されぬよう<br />そんな小さな望みを心ひそかに抱きつつ<br />いつまでも いつまでも 心ゆくまで・・・・・・<br /><br />心は何ものにも遮られることなく<br />自由に天に飛翔してゆく<br />無限なる光の中に、きらめきの中に、愛の中に<br />どこまでも深く 高く 高く・・・・・<br />地の在りて半世紀<br />我がミッションは<br />天(<a href="http://www.byakko.or.jp/2_goi/goi_prof.html" target="_blank">五井先生</a>)の計画に導かれ<br />地球的、人類的規模にて<br />遂行されてきた<br />いよいよ時充ちて<br /><a href="http://www.byakko.or.jp/sopp2007/index.html" target="_blank">SOPP</a>を迎えるにあたり<br />地球人類の未来を想う時<br />私の心に<br />人類一人一人が抱えている<br />心身の苦悩や悲痛のさけびが<br />集団意識となってひびいてくる<br />幼き者 虐待される者 差別される者<br />虐げられる者 殺される者<br />そんな弱者たちの叫びが・・・・・<br />まるで「役に立たぬ者は邪魔だ、早く死ね」とばかりに冷たくあしらわれる<br />
135

光の手をつなごう

人の世に嘆きが充ち世界が我欲で暗黒になり争ひの波で人類が崩れさうな時必ず輝く光が生れてくるその光が仏陀と云はれキリストと云はれ救世主と云はれた光は光を生み智慧を生み力を生み出(いだ)し此の世界の闇を照しつゞけてゐる今 地球を覆ふ業(カルマ)集団の暗黒の息吹は思想となり 水爆となりはては大天変地異をひき起さうとする一人一人の我欲の中に国と国との利害の陰に魔王があやつる業(カルマ)の波が急速調で烈しい... 人の世に嘆きが充ち<br />世界が我欲で暗黒になり<br />争ひの波で人類が崩れさうな時<br />必ず輝く光が生れてくる<br />その光が仏陀と云はれキリストと云はれ救世主と云はれた<br />光は光を生み<br />智慧を生み力を生み出(いだ)し<br />此の世界の闇を照しつゞけてゐる<br /><br />今 地球を覆ふ業(カルマ)集団の暗黒の息吹は<br />思想となり 水爆となり<br />はては大天変地異をひき起さうとする<br />一人一人の我欲の中に<br />国と国との利害の陰に<br />魔王があやつる業(カルマ)の波が<br />急速調で烈しい渦を巻き起す<br /><br /><br />
134

愛は光なり

姿形美(うるわ)しきはよろし才能豊かなるもまたよろし然(しか)し更によろしきは深き愛の心なり報いを求めざる愛は光なり光は世を照らすたとえ姿形備(ととの)わずとも才能貧しかるとも愛の心深き人はまこと神の子なり... 姿形美(うるわ)しきはよろし<br />才能豊かなるもまたよろし<br />然(しか)し更によろしきは<br />深き愛の心なり<br />報いを求めざる愛は光なり<br />光は世を照らす<br />たとえ姿形備(ととの)わずとも<br />才能貧しかるとも<br />愛の心深き人は<br />まこと神の子なり
132

子供

子供は不思議な存在者だそこら中を荒れまわしひつかきまわしそれでいて調和な雰囲気を家中にかもし出す             *人間とは一体どんな者判つても判つても益々判らなくなる神秘な存在             *... 子供は不思議な存在者だ<br />そこら中を荒れまわしひつかきまわし<br />それでいて<br />調和な雰囲気を家中にかもし出す<br /><br />             *<br /><br />人間とは一体どんな者<br />判つても判つても<br />益々判らなくなる神秘な存在<br /><br />             *<br /><br />
129

私の弟妹たちよ

わたしはあなたたちをみているとかなしくてならなくなるいとほしくてならなくなる同じ世にこうして生れあわせ同じ方向に歩みを運んでいる私の心の弟妹たちよ君はあなたは私を通して神をみつめ私の言動の中に神の言葉をききとめ私の一微一笑を己れの一微一笑とする私はあなたたちにとつてキリストへの道であり仏陀への道であり親鸞への道であり弘法への道である私の光明はあなたの光明であり私の愛念はあなたの道を展く力となる... わたしはあなたたちをみていると<br />かなしくてならなくなる<br />いとほしくてならなくなる<br />同じ世にこうして生れあわせ<br />同じ方向に歩みを運んでいる私の心の弟妹たちよ<br />君はあなたは私を通して神をみつめ<br />私の言動の中に神の言葉をききとめ<br />私の一微一笑を己れの一微一笑とする<br />私はあなたたちにとつて<br />キリストへの道であり仏陀への道であり<br />親鸞への道であり弘法への道である<br />私の光明はあなたの光明であり<br />私の愛念はあなたの道を展く力となる<br /><br />
127

場を浄めよう

大宇宙のあらゆるところにそれぞれの場がある天の理念を地に現わす大調和実現の場は一人一人の世界平和の祈りの中にあるこの地球世界のひとところにでも戦争につながる場があってはならない一人一人の心の中に戦争か平和かの場があるのだが人々はそれを知ろうとはしないアメリカを責め中共を責め日本の政府に抗議をするよりも自分の心の中の戦争原因を撲滅することが先決なのだ... 大宇宙の<br />あらゆるところに<br />それぞれの場がある<br />天の理念を地に現わす<br />大調和実現の場は一人一人の<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank">世界平和の祈り</a>の中にある<br />この地球世界のひとところにでも<br />戦争につながる場があってはならない<br />一人一人の心の中に戦争か平和かの場があるのだが<br />人々はそれを知ろうとはしない<br />アメリカを責め中共を責め日本の政府に抗議をするよりも<br />自分の心の中の戦争原因を撲滅することが先決なのだ
126

感謝~五井先生に捧ぐ~

私は、幸いにも人を責め裁く心を持ち合わせてはいない私は、責めること、裁くこと、批判すること、そして高慢が大嫌いである。常に五井先生の大御(み)心に沿って五井先生の自然体に倣(なら)って生きることを念じつつ今日に至っている五井先生は日常茶飯事のすべてのすべてが祈りそのものであった五井先生は他を一切責め裁かず批判せず、また、評価も下さなかった五井先生は、他の誰よりも一番感謝の心を実行しておられた幼き子... 私は、幸いにも人を責め裁く心を持ち合わせてはいない<br />私は、責めること、裁くこと、批判すること、そして高慢が大嫌いである。<br />常に<a href="http://www.byakko.or.jp/2_goi/goi_prof.html" target="_blank">五井先生</a>の大御(み)心に沿って<br />五井先生の自然体に倣(なら)って生きることを念じつつ<br />今日に至っている<br /><br />五井先生は日常茶飯事のすべてのすべてが<br />祈りそのものであった<br />五井先生は他を一切責め裁かず<br />批判せず、また、評価も下さなかった<br /><br />五井先生は、他の誰よりも<br />一番感謝の心を実行しておられた<br />幼き子供にも、年老いた人々に対しても<br />苦悩や悲しみを一身に背負っておられる人々や<br />病気や貧困に追いつめられている人々に対しても<br />皆、平等に接し、平等に感謝を捧げていらした
124

高貴なる魂の群団(ぐんだん)

今や地球上に高貴なる魂の群団(ぐんだん)が存在する人類一人一人の存在を讃え人類一人一人の尊厳を認め人類一人一人の神性を拝し人類一人一人を真理に目覚めさせる群団この世から怒り、憎しみ、報復、罪、汚れ、不幸、苦悩を取り除き人類一人一人の再生を祈る群団その群団は、世界人類の平和と幸せのみを祈りつづけるその群団は、人類一人一人に対して決していかなる非難、批判もしないその群団は、地上に愛と調和と慈しみと赦し... 今や地球上に<br />高貴なる魂の群団(ぐんだん)が存在する<br />人類一人一人の存在を讃え<br />人類一人一人の尊厳を認め<br />人類一人一人の神性を拝し<br />人類一人一人を真理に目覚めさせる群団<br />この世から怒り、憎しみ、報復、罪、汚れ、不幸、苦悩を取り除き<br />人類一人一人の再生を祈る群団<br /><br />その群団は、世界人類の平和と幸せのみを祈りつづける<br />その群団は、人類一人一人に対して決していかなる非難、批判もしない<br />その群団は、地上に愛と調和と慈しみと赦しの光を放ちつづける<br /><br />
123

今すぐ習慣を改めよう

1、苦しいことが多いのは、迷いがあるからだ  (無限なる叡智!)2、悲しいことが起きるのは、自分に執着しているからだ (無限なる光!)3、憂(うれ)うることが多いのは、今の瞬間を全身全霊で生き切っていないからだ 〈無限なる生命!〉4、何もかもうまくいかないのは、失敗を恐れているからだ〈無限なる可能性!)5、不安が生ずるのは、足るを知らないからだ  (無限なる真理!)... 1、苦しいことが多いのは、迷いがあるからだ  (無限なる叡智!)<br /><br />2、悲しいことが起きるのは、自分に執着しているからだ (無限なる光!)<br /><br />3、憂(うれ)うることが多いのは、<br />今の瞬間を全身全霊で生き切っていないからだ 〈無限なる生命!〉<br /><br />4、何もかもうまくいかないのは、失敗を恐れているからだ〈無限なる可能性!)<br /><br />5、不安が生ずるのは、足るを知らないからだ  (無限なる真理!)<br /><br />
122

小さい魂(たま) 大きな魂(たま)

小さい魂(たま)には小さい波動圏(けん)があり大きい魂(たま)には大きな波動圏(けん)があってそれぞれの運命をつくり出す小さい魂(たま)は国家や人類の運命にまでその想念は及ばないが大きな魂(たま)は人類や国家の運命を想わずにはいられない小さな家庭のごたごただけで一生を送ってゆく人も大きく人類の運命に関与してゆく人も神の子人間であることにはかわりがないだが 神の子の実体を現わしている人は国家や人類の... 小さい魂(たま)には小さい波動圏(けん)があり<br />大きい魂(たま)には大きな波動圏(けん)があって<br />それぞれの運命をつくり出す<br />小さい魂(たま)は国家や人類の運命にまでその想念は及ばないが<br />大きな魂(たま)は人類や国家の運命を想わずにはいられない<br />小さな家庭のごたごただけで一生を送ってゆく人も<br />大きく人類の運命に関与してゆく人も<br />神の子人間であることにはかわりがない<br />だが 神の子の実体を現わしている人は<br />国家や人類の運命を気にかけずにはいられない<br />身を挺してでもその為に働きたくなる<br /><font color="#FF0000">神のみ心をこの世に成就させることが<br />この人たちの天の命</font>
121

輪廻の世界を超えて

早朝 未だ人々が眠りの中にある時私は一人宇宙に向かって印を組む悠久の時空を超えて漆黒(しっこく)の輪廻の世界から輝かしい次元へと飛翔していったそこは、すでに輪廻の法則を超えた世界私を含め人類はすべて、この輪廻という法則に縛りつけられているこの法則は今なお、厳然と漆黒の世界を貫いているこの輪廻の法則とは一体何か果たして人類は、いつか輪廻の法則を超えることが出来るのだろうか私は自問自答を繰り返していた... 早朝 未だ人々が眠りの中にある時<br />私は一人宇宙に向かって<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/in.html" target="_blank">印</a>を組む<br />悠久の時空を超えて<br />漆黒(しっこく)の輪廻の世界から<br />輝かしい次元へと飛翔していった<br /><br />そこは、すでに輪廻の法則を超えた世界<br />私を含め人類はすべて、この輪廻という法則に縛りつけられている<br />この法則は今なお、厳然と漆黒の世界を貫いている<br />この輪廻の法則とは一体何か<br />果たして人類は、いつか輪廻の法則を超えることが出来るのだろうか<br />私は自問自答を繰り返していた<br /><br />これから自分に起きようとしていることは<br />すべて神の恩寵<br />そんな美しいひびきが宇宙の果てから<br />こだましてくる<br />私は未だかつて感じたことのない<br />いかなる法則からも束縛からも解放され<br />全く自由そのものの存在となり<br />生き生きとした感覚にひきこまれてゆく<br />呼吸するたびに光の輪の中で<br />自分の現実が輝やかに変容してゆくのが<br />はっきり写し出される<br /><br />私の意識の内側で純白の強い閃光(せんこう)がはじけた<br />私はこの白い光に包まれ<br />もはや自分自身が白い光そのものであるような透き通った感覚になる<br />私は三次元と高次元のはざまに入っていた<br />あらゆるすべてのものが同じであると同時に<br />すべてが違っていた<br />私は神界とこの世のはざまの入口に<br />踏みこんだのである<br />ただ光だけが存在している<br />大いなる神とのつながりに<br />すべての感覚が安らぎと平安の中にあり<br />感謝のみが身体の底からつきあげてくる<br /><br />瞬時に世界全体に明るい白い光が炸裂(さくれつ)する<br />まぶしくて何も見えない光の世界は、時間も場所もない<br />光によって繰り広げられたものは、永遠の神の世界<br />そのまばゆさは今までかつて経験したことのないとてつもなく強烈な光<br />私は神の光の洗霊をうけ輪廻の法則を超え<br />いつのまにか光の粒子そのものへと変容していた
120

白光の歌

大空にみなぎる慈愛地の上の人ら浄むと紫の雲にうちのり白光と輝きわたる... 大空にみなぎる慈愛<br />地の上の人ら浄むと<br />紫の雲にうちのり<br />白光と輝きわたる<br />
117

大和神富士(やまとかむふじ)

今まで雨曇につゝまれて五米先も見えなかったという裾野に私が立つとまるで奇蹟のようににわかに雲が消えはじめ富士の全貌がくっきりと五月の空に浮かび上がったやがて多くの年月を世界平和運動をくりひろげることになるこの裾野辺でこうして真近に富士の偉容をみていると... 今まで雨曇につゝまれて<br />五米先も見えなかったという裾野に私が立つと<br />まるで奇蹟のように<br />にわかに雲が消えはじめ<br />富士の全貌がくっきりと五月の空に浮かび上がった<br />やがて多くの年月を<a href="http://www.byakko.or.jp/z_pdf/read_principle.pdf" target="_blank">世界平和運動</a>をくりひろげることになるこの裾野辺で<br />こうして真近に富士の偉容をみていると<br />
119

母と云う名は不思議なひゞきをもつ甘く柔かく 香(かぐ)はしく美(うる)はしく清々(すがすが)として慕はしく優しいけれど強靭でにこやかでゐて凛(りん)然とみえる母には齢(よはひ)もなく階級もない母はすでに女性を超えあらゆるものを生み育て抱擁する... 母と云う名は不思議なひゞきをもつ<br />甘く柔かく 香(かぐ)はしく美(うる)はしく<br />清々(すがすが)として慕はしく<br />優しいけれど強靭で<br />にこやかでゐて凛(りん)然とみえる<br /><br />母には齢(よはひ)もなく階級もない<br />母はすでに女性を超え<br />あらゆるものを生み育て抱擁する<br /><br />
118

究極の真理を伝えよう

二十世紀において私の右手はペンを片時も離さず常に人類の心の奥を鑑みいかに真理を簡単に伝えるべきかを私の天命と信じ白光誌に法話を書きつづけてきた多くのうちの人々はそれに見事に応えてくれた私に強い自信とさらなる確信とを与えてくれた真理を聴くのはいとも易しいことだ自らの知的欲求を充たすことは自己満足以外の何ものでもない真理を一つ一つ丁寧に自らの人生の上に照らし出すことこそ尊いのだ何十回 何百回と富士聖地... 二十世紀において<br />私の右手はペンを片時も離さず<br />常に人類の心の奥を鑑み<br />いかに真理を簡単に伝えるべきかを<br />私の天命と信じ<br />白光誌に法話を書きつづけてきた<br /><br />多くの<strong>うち</strong>の人々はそれに見事に応えてくれた<br />私に強い自信とさらなる確信とを与えてくれた<br />真理を聴くのはいとも易しいことだ<br />自らの知的欲求を充たすことは自己満足以外の何ものでもない<br />真理を一つ一つ丁寧に自らの人生の上に照らし出すことこそ尊いのだ<br />何十回 何百回と<a href="http://www.byakko.or.jp/5_fuji/intro_fuji.html" target="_blank">富士聖地</a>に足繁く通いつめても<br />その日の法話を一期一会の如く真剣に魂で聴かないならば<br />そして実行に移さないならば勿体ない<br /><br />真理そのものを自らの心の中に生かさなくては真理とはいえない<br />真理でさえ人を介して傷つけられ葬り去られる<br />真理そのものは生命であり 天命であり 働きである<br />光であり エネルギーであり 叡智である<br />真理を生かすも殺すも我々次第である<br /><br />真理は人の心の中で<br />自由自在に変化し 多様性をもって生きている<br />人は自らの神性を開発し 神性を顕現するために<br />一日 一時 一瞬を大事に生きるならば<br />真理はその時 その場 その状況 その出会いにおいて<br />その生命力を見事に発現する<br />ひらめきとなり 直観となり 愛となり 思考となり 智恵となり<br />自らの内なる声を通して外に踊り出る<br /><br />真理は人を介して初めて真理そのものの存在を現わす<br />人が真理に対して何ら意識を向けず 働きかけず 振り向かないならば<br />真理は ただそこに在るだけだ<br />存在しているにすぎない<br />真理は人を介してこそ初めて<br />真理たる権限を発動する<br /><br />真理を生かすも殺すも我々次第<br />真理に生命を与えるのも 生命を奪うのも我々次第<br />真理を復活させるのも 永遠に葬り去るのも我々次第<br /><br />私の右手は<br />真理を追究し 真理を書きつづけてはや二十年<br />究極の真理は私のペンを借りて再び地上に復活した<br />この真理を多くの<strong>うち</strong>の人たちが生かしてくれたのだ<br /><br />
116

子どもの生き方

子どもは正直だ 素直だ 真っ白だ 純粋だ知識による苦しみはなく宗教による苦悩もない教育による苦しみもなければ成功・失敗の苦しみもない善悪の苦しみもなければ生きる苦しみも病気への不安もないなぜ大人になるに従いこれらの苦しみが加わってくるのかそれは、子どもが何一つの望みも持っていないからだ彼らはお金も時間も貴重なものとは思っていない彼らはただ瞬間瞬間を精一杯生きているだけだ... 子どもは正直だ 素直だ 真っ白だ 純粋だ<br />知識による苦しみはなく<br />宗教による苦悩もない<br />教育による苦しみもなければ<br />成功・失敗の苦しみもない<br />善悪の苦しみもなければ<br />生きる苦しみも病気への不安もない<br /><br />なぜ大人になるに従い<br />これらの苦しみが加わってくるのか<br />それは、子どもが何一つの望みも持っていないからだ<br />彼らはお金も時間も貴重なものとは思っていない<br />彼らはただ瞬間瞬間を精一杯生きているだけだ<br /><br />
115

人類大調和の祈り

天の父にむかって叫ぼう大宇宙の中で地球の平和が成り立ちますように地の母にむかって叫ぼう世界人類が平和でありますように今こそ地球大進化の時人類は一度神のみこころに帰らねばならない貴方も貴女も君たちも皆大神の分生命... 天の父にむかって叫ぼう<br />大宇宙の中で地球の平和が成り立ちますように<br />地の母にむかって叫ぼう<br />世界人類が平和でありますように<br />今こそ地球大進化の時<br />人類は一度神のみこころに帰らねばならない<br />貴方も貴女も君たちも皆大神の分生命<br />
114

生命讃歌

神はわがいのち 神なるわがいのちさはりなく 汚れなきわが心悲哀なく 怒りなきわが心霊の身も 肉の身も... 神はわがいのち 神なるわがいのち<br />さはりなく 汚れなきわが心<br />悲哀なく 怒りなきわが心<br />霊の身も 肉の身も<br />
113

真の信仰とは神人に至る道

人は信仰によって救済されると思っているが、そんなことはない。却って信仰によって傷つき 痛み 悩み 苦しむことのほうが多い信仰のための信仰は真の信仰とはいえない信仰を持つことは決して間違ってはいないが偶像信仰、盲目の信仰ほど愚かしいものはない信仰によって自らの神聖を汚し信仰によって自由なる意志を剥奪され信仰によって自らの魂の権威を神にゆだね信仰によって小さな善や悪に把われ信仰によって自他を責め裁き信... 人は信仰によって救済されると思っているが、そんなことはない。<br />却って信仰によって傷つき 痛み 悩み 苦しむことのほうが多い<br />信仰のための信仰は真の信仰とはいえない<br /><br />信仰を持つことは決して間違ってはいないが<br />偶像信仰、盲目の信仰ほど愚かしいものはない<br />信仰によって自らの神聖を汚し<br />信仰によって自由なる意志を剥奪され<br />信仰によって自らの魂の権威を神にゆだね<br />信仰によって小さな善や悪に把われ<br />信仰によって自他を責め裁き<br />信仰によって人間の無力さを教えられる<br />信仰のもとに愚鈍な偽善者の道を辿る人々が<br />いかに多く地上に存在することか<br />信仰ゆえに自分が偽りや間違った世界にいることすら気づけない<br /><br />真の信仰とは、自らを生かし他をも生かすものであり<br />常に他を思いやり、他の気持ち、他の立場にたって<br />太陽の光のように、すべてを生き生きさせるものである<br />真の信仰とは、すべての力を生み出す無限なる叡智を<br />自らが開発することである<br />
112

私たちの歩み

知らないと云うことはどんなに不幸なことであろうか知らないと云うことによつてもたらされている人類の災害を私たちはどうして防げばよいのだろう小さな動物たち災害を未然に知つて瞬時にして居を移してしまうように私たちは災害の地から遁げ出すことだけでたりるのではない災害を未然に防ぎとめる叡智をこそ自分たちのものにしなければならない人の子に親のあるように人類にも親のあることを忘れ果てゝしまつた人々にこの地球の支... 知らないと云うことは<br />どんなに不幸なことであろうか<br />知らないと云うことによつてもたらされている人類の災害を<br />私たちはどうして防げばよいのだろう<br /><br />小さな動物たち<br />災害を未然に知つて瞬時にして居を移してしまうように<br />私たちは災害の地から遁げ出すことだけでたりるのではない<br />災害を未然に防ぎとめる叡智をこそ<br />自分たちのものにしなければならない<br />人の子に親のあるように<br />人類にも親のあることを<br />忘れ果てゝしまつた人々に<br />この地球の支配をゆるしていてはいけない<br />地球人類はまだ幼い子供<br />親を離れて一人立ちできる大人ではない<br />思い上がつた幼い子供の一人歩きはもう危い<br />人類の大親は神であり<br />人々が神の子であることを<br />知ろうともしない幼い人々がつくつた<br />取りかえしもつかぬ大きな不幸への道を<br />一体今<br />誰れが幸福への道にかえ得るのか<br />それは人類守護の天使郡の集り<br />私たちの頭上に輝く救世の大光明<br /><br />
111

人類よ真理の人たれ

人類よどこまでも気高く高貴にして愛深く真理の人たれ人類よ不可能を可能にする力は人間のみに与えられし能力それを真理にそって識別し 選択し 決定できる眼力こそ真理の人たる証(あかし)なり人類よどこまでも深く 愛ある人たれどこまでも寛(ひろ)くゆるしの人たれどこまでも煌(きら)めく叡智の人たれどこまでも素直な純粋な人たれ... 人類よ<br />どこまでも気高く<br />高貴にして愛深く<br />真理の人たれ<br /><br />人類よ<br />不可能を可能にする力は<br />人間のみに与えられし能力<br />それを真理にそって<br />識別し 選択し 決定できる眼力こそ<br />真理の人たる証(あかし)なり<br /><br />人類よ<br />どこまでも深く 愛ある人たれ<br />どこまでも寛(ひろ)く<br />ゆるしの人たれ<br />どこまでも煌(きら)めく<br />叡智の人たれ<br />どこまでも素直な<br />純粋な人たれ<br /><br />
110

自然

自然にしてゐていいのだ黙つてゐてもいいのだ声高に情熱的に人を説きつけなくともいいのだあなたはあなたの優しさをそのまゝに柔かな微笑で人をみつめてゐればいいのだ... 自然にしてゐていいのだ<br />黙つてゐてもいいのだ<br />声高に情熱的に人を説きつけなくともいいのだ<br />あなたはあなたの優しさをそのまゝに<br />柔かな微笑で人をみつめてゐればいいのだ<br />
109

あなたは光の使者

あなたは光の使者だあなたが居るところ、行くところ、いつも光に満ちているあなたの祈り、印、マンダラ、そのすべてが地球上に真理のひびき、愛のひびき、調和のひびきを放っているそう、あなたは闇を光で照らす光の使者なのだ悲しみに打ちひしがれている人嫉妬に狂っている人怒りの想いを燃えたぎらせている人不平、不満、欲望に駆り立てられている人あなたは祈り、印、マンダラを通してそれらの人々に真理を運び愛を注ぎ、光を与... あなたは光の使者だ<br />あなたが居るところ、行くところ、いつも光に満ちている<br />あなたの<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank">祈り</a>、<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/in.html" target="_blank">印</a>、<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/mandala.html" target="_blank">マンダラ</a>、そのすべてが<br />地球上に真理のひびき、愛のひびき、調和のひびきを放っている<br />そう、あなたは闇を光で照らす光の使者なのだ<br /><br />悲しみに打ちひしがれている人<br />嫉妬に狂っている人<br />怒りの想いを燃えたぎらせている人<br />不平、不満、欲望に駆り立てられている人<br />あなたは祈り、印、マンダラを通してそれらの人々に真理を運び<br />愛を注ぎ、光を与えつづけているのだ<br /><br />そう、あなたは光の使者なのだ<br />真理のメッセンジャーなのだ<br />あなたはもう、誰にも従属していない<br />他のいかなるものからも完全に自立し、自由なのだ<br />あなたはあなたが信ずる道を堂々と歩んでいるのだ<br />毎日真理を求め、真理を語り、真理に生きているのだ<br /><br />あなたはどんなものにも制約されてはいないし、制限されてもいない<br />ましてや自分の進むべき道に限界などというものは全くない<br />自分がこうありたい、こうしたいという想いそのままに<br />すべてが完璧に整ってゆく<br />不思議に思えるが、決して不思議ではない<br />何故ならば、すべては完全な秩序に則(のっと)り起こっていることなのだから<br />それは宇宙神の法則そのものだから<br />その真理を理解し受け入れ、真理に従って生きている人生なのだから<br /><br />人類はすべて一人残らず<br />人生に起こる出来事を自分で創り出しているのだ<br />それは、人間は一人残らず<br />偉大なる人生の創造者であるということなのだ<br /><br /><br /><br /><br /><br />
108

真理は初めから魂を貫いている

あなたが現実を恨むのは間違っているそれは、あなたが今余りにも苦悩や悲しみに覆われ捉えようもない不安や恐怖に襲われているからであるそして現実的な状況を憎しみはじめ自らの内側にひきこもり真実から逃げようともがいているからである誰にも触れて欲しくない自らの苦しみ、悩み、絶望ただひたすら内へ内へとひきこもりいつの間にか自らが否定的思考へとはまり込んでゆくこれでは何一つの解決にもならない自らの至らなさ、無能... あなたが現実を恨むのは間違っている<br />それは、あなたが今余りにも<br />苦悩や悲しみに覆われ<br />捉えようもない不安や恐怖に襲われているからである<br /><br />そして現実的な状況を憎しみはじめ<br />自らの内側にひきこもり<br />真実から逃げようと<br />もがいているからである<br /><br />誰にも触れて欲しくない<br />自らの苦しみ、悩み、絶望<br />ただひたすら内へ内へとひきこもり<br />いつの間にか<br />自らが否定的思考へとはまり込んでゆく<br />これでは何一つの解決にもならない<br /><br />自らの至らなさ、無能力、無価値に<br />神経質なほど焦点がしぼられ<br />ますます抜け出せない状況へと<br />自らを追い込んでゆく<br /><br />だがしかし<br />悩むことも迷うこともない<br />真実は初めからある<br />真理は初めから自らの魂を貫いている<br /><br />苦悩や悲しみは本来のものではない<br />それは、自らの過去の記憶にもとづき<br />自らが勝手につくりあげたもの<br />つくり出したもの<br />すべては前生の因縁の消えてゆく姿<br />苦悩や悲しみ、疑いや自己否定という現象を通して<br />本来の光り輝く神の姿を顕現して<br />今、消えてゆくその瞬間である<br />
107

人類一人一人の心の扉は遂に開かれた

人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也・・・・・・・宇宙究極の真理のひびきが世に放たれていった真理のひびきは、人類一人一人の内なる宇宙の扉を一つ一つノックしていった遂にその開(あ)かずの扉は、ほんの少し開き始めた長い間人類は自らの存在を否定し切ってきた自分自身の存在を尊いものとは感じられずにいたただただ自分は取るに足らない小さな存在、価値のない存在と思い... 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也・・・・・・・<br /><a href="http://www.byakko.or.jp/1_about/teaching.html" target="_blank">宇宙究極の真理</a>のひびきが世に放たれていった<br />真理のひびきは、人類一人一人の内なる宇宙の扉を一つ一つノックしていった<br />遂にその開(あ)かずの扉は、ほんの少し開き始めた<br />長い間人類は自らの存在を否定し切ってきた<br />自分自身の存在を尊いものとは感じられずにいた<br />ただただ自分は取るに足らない小さな存在、価値のない存在と思いこんでいた<br /><br />人類一人一人の<br />開かずの扉は遂に開かれた<br />暗闇(くらやみ)未だ晴れず、暗黒の海に一人漂っているように見えるけれど<br />確かに手ごたえはある<br />すべては今始まったばかりであるが<br />人類はまさに世界へ羽ばたこうとしている<br /><br />人類一人一人に担わされ課せられたる業(カルマ)は重い<br />時折その重さに耐えきれず、身体を震わせ全身で怒り、憤り<br />泣き、叫び、わめき、自らを表現してきた<br />そうすることで自らの存在を訴えたのだ<br />が、気づく人はいない<br /><br />人々は何もなかったかのように<br />自分に背を向けて遠ざかってゆく<br />自分の存在など、彼らにとっては全く価値ないもののように扱われ<br />人々は、無視し拒絶するかのように通り過ぎてゆく<br /><br />が、はるか遠くに一筋の光が!!<br />人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也 人類即神也・・・・・・・<br />その光が自分の存在を照らし出してくれている<br />光が自分を見守り導いてくれている<br /><br />私の心の暗闇を見透かすように<br />私の孤独なる心に生きる力を与えるかのように<br />私の哀しみを癒すかのように<br />愛を光を惜しげもなく一杯に投げかけてくれる<br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。