カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
217

日々の指針

私たちの肉体は、私たちの日頃食べたものそのものである。感情想念は毎日、絶え間ないおしゃべりで私たちを隷属させている。自分に起こる現象(出来事)のレベルを高めたいのなら、自分の意識(愛の大きさ、深さ、高さ)を高めればよい。人間は誰でも、生まれながらにして病気に対する回復力、治癒能力を持っている。その力を発揮するためには、それを信じること以外にない。(2004年8月「白光」 西園寺昌美著)世界人類が平和で... <font color="#6666CC">私たちの肉体は、私たちの日頃食べたものそのものである。</font><br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000">感情想念は毎日、絶え間ないおしゃべりで私たちを隷属させている。</font><br /><br /><br /><br /><font color="#0000FF">自分に起こる現象(出来事)のレベルを高めたいのなら、<br />自分の意識(愛の大きさ、深さ、高さ)を高めればよい。</font><br /><br /><br /><font color="#660066">人間は誰でも、生まれながらにして病気に対する回復力、治癒能力を持っている。<br />その力を発揮するためには、それを信じること以外にない。</font><br /><br /><br />(2004年8月「白光」 西園寺昌美著)<br /><br /><br /><font color="#00CC66">世界人類が平和でありますように</font>
216

母と云う名は不思議なひゞきをもつ甘く柔かく 香(かぐ)はしく美(うる)はしく清々(すがすが)として慕はしく優しいけれど強靭でにこやかでゐて凛然とみえる母には齢(よはひ)もなく階級もない母はすでに女性を超えあらゆるものを生み育て抱擁する母の微笑はそのまゝ光であり母の言葉は妙なるひびきである妬心 猜疑 そして狭量さうした業(カルマ)は女性のものであつて母のものではない母と云う名は不思議なひゞきをもつ母... 母と云う名は不思議なひゞきをもつ<br />甘く柔かく 香(かぐ)はしく美(うる)はしく<br />清々(すがすが)として慕はしく<br />優しいけれど強靭で<br />にこやかでゐて凛然とみえる<br /><br />母には齢(よはひ)もなく階級もない<br />母はすでに女性を超え<br />あらゆるものを生み育て抱擁する<br />母の微笑はそのまゝ光であり<br />母の言葉は妙なるひびきである<br /><br />妬心 猜疑 そして狭量<br />さうした業(カルマ)は<br />女性のものであつて母のものではない<br /><br />母と云う名は不思議なひゞきをもつ<br />母は大地であり滋味であり菩薩である<br />母は愛と云ふ名にふさはしく<br />献身そのもの心をもつ<br />母と云ふ名の不思議なひゞきをたどつて<br />私は今<br />七十をいくつか超えた私の小さな老母を懐しむ<br /><br />(1986年5月「白光」・<ひびき>より 五井昌久著)<br /><br /><font color="#00CC66">世界人類が平和でありますように</font>
215

日々の指針

我々が恐れを抱くこと、それ自体が恐れである。環境破壊、いや自然災害に対しても、今や人類一人一人が責任を取るか取らないかの問題ではない。全人類がみな、責任を取る時代が来るのだ。人に嫌われることよりも、自分が自分自身を嫌うことのほうが深刻だ。二十一世紀、スピリチュアルな時代においては、何を欲するかではなく、何を与えるかである。(2005年3月「白光」 西園寺昌美著)世界人類が平和でありますように... <font color="#FF0033">我々が恐れを抱くこと、それ自体が恐れである。</font><br /><br /><br /><br /><font color="#3300CC">環境破壊、いや自然災害に対しても、今や人類一人一人が責任を<br />取るか取らないかの問題ではない。全人類がみな、責任を取る時代が来るのだ。</font><br /><br /><br /><br /><font color="#FF6633">人に嫌われることよりも、自分が自分自身を嫌うことのほうが深刻だ。</font><br /><br /><br /><br /><font color="#FF33CC">二十一世紀、スピリチュアルな時代においては、何を欲するかではなく、<br />何を与えるかである。</font><br /><br />(2005年3月「白光」 西園寺昌美著)<br /><br /><font color="#33CC66">世界人類が平和でありますように</font>
213

今月のことば

人間は誰でも、自分を理解してくれる人を求めている。いいかえれば愛してくれる人を求めている。人間世界から愛の心が失われてしまったら、それはそのまま地獄である。 人間が宗教の道に入るのも、真実に自己を理解してくれるものを求めるからであり、自分で自分をはっきり理解したいからでもある。神はすべてのすべてであり、何もの何事をもはっきり知っていらっしゃる叡智であるからである。 だから一人一人の人間が、お互いに... 人間は誰でも、自分を理解してくれる人を求めている。<br />いいかえれば愛してくれる人を求めている。<br />人間世界から愛の心が失われてしまったら、<br />それはそのまま地獄である。<br /> 人間が宗教の道に入るのも、真実に自己を理解してくれるものを求めるからであり、<br />自分で自分をはっきり理解したいからでもある。<br />神はすべてのすべてであり、<br />何もの何事をもはっきり知っていらっしゃる叡智であるからである。<br /> だから一人一人の人間が、お互いに相手を理解し合うように<br />努力することは、神の愛のみ心を、そこに実現していることになるのである。<br /><br />(1982年12月「白光」 【今月のことば】 五井昌久著)<br /><br /><font color="#FF0000">世界人類が平和でありますように</font>
212

今月のことば

 今日(こんにち)は本当に生易(なまやさ)しい時ではないのです。全く死か生かをはっきりきめねばならぬ時代なのです。ですから、いいかげんな中途半端な信仰など許されない時代なのです。許されないというのは、自分の本心が自分自身を許さないということなのです。 嫌でも応でも、人間が神の子の本体を現わさねばいられぬ時代が今日(こんにち)からの時代なのです。これは試験をパスしなければ上級学校に進めない、というこ...  今日(こんにち)は本当に生易(なまやさ)しい時ではないのです。<br />全く死か生かをはっきりきめねばならぬ時代なのです。<br />ですから、いいかげんな中途半端な信仰など許されない時代なのです。<br />許されないというのは、自分の本心が自分自身を許さないということなのです。<br /> 嫌でも応でも、人間が神の子の本体を現わさねばいられぬ時代が<br />今日(こんにち)からの時代なのです。<br />これは試験をパスしなければ上級学校に進めない、ということと全く同じことでありまして、<br />絶体絶命なことなのです。<br />しかし神は愛でありますから、<br />最後に救いのみ手を差しのべられているのです。<br />それが消えてゆく姿で<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank">世界平和の祈り</a>、という教えの道であります。<br /><br />(1982年10月「白光」 【今月のことば】から)<br /><br /><font color="#66CC33">世界人類が平和でありますように</font>
211

今月のことば

大調和世界、誕生の道は、人間一人の想念波動を正しいものにしてゆくということであります。正しいものにするというのは、人間生命の磁場(じば)である、肉体幽体を常に浄めておくということなのであります。浄めておくということは、肉体幽体という生命の働き場所、生命の磁場に、自他の幸福を否定するような想念、つまり自分はだめだ、人類はだめだというような想い等々の想念波動を、いつでも洗い流しておいて、磁場をきれいな... 大調和世界、誕生の道は、<br />人間一人の想念波動を正しいものにしてゆくということであります。<br />正しいものにするというのは、人間生命の磁場(じば)である、<br />肉体幽体を常に浄めておくということなのであります。<br /><br />浄めておくということは、肉体幽体という生命の働き場所、<br />生命の磁場に、自他の幸福を否定するような想念、<br />つまり自分はだめだ、人類はだめだというような想い等々の<br />想念波動を、いつでも洗い流しておいて、<br />磁場をきれいな輝いたものにしておこう、ということです。<br /><br /> この方法はどうすればよいか、それが祈りなのであります。<br />祈りのうちで最も広い範囲に効果のあるのが、<br /><a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank">世界平和の祈り</a>なのであります。<br /><br />(1984年1月「白光」 【今月のことば】 五井昌久著)<br /><br /><font color="#00CC33">世界人類が平和でありますように</font>
210

如是我聞

人は仕事をしても、しなくても立派になれる。仕事というものは神さまがさせてくれるもの。自分は自分が立派にしていかなければいけない。つまり自分がどれだけ無くなっているかということである。人が失敗した時、それを責めてはいけない。泥棒に追銭ということはそういうことだ。責めても何もならない。宇宙の運行からみれば、失敗したことなどたいしたことではない。失敗したら「また新しく出直そうよ」とサラッといって励まして... <font color="#CC0000">人は仕事をしても、しなくても立派になれる。<br />仕事というものは神さまがさせてくれるもの。<br />自分は自分が立派にしていかなければいけない。<br />つまり自分がどれだけ無くなっているかということである。</font><br /><br /><br /><br /><font color="#0000CC">人が失敗した時、それを責めてはいけない。<br />泥棒に追銭ということはそういうことだ。<br />責めても何もならない。<br />宇宙の運行からみれば、失敗したことなどたいしたことではない。<br />失敗したら「また新しく出直そうよ」とサラッといって励ましてあげよう。</font><br /><br />(1975年12月「白光」 【如是我聞】五井昌久著 高橋英雄編著)<br /><br /><font color="#009933">世界人類が平和でありますように</font>
209

日々の指針

純粋で素直で無邪気な子供の心を再び取り戻すために、我々が捨て去るべき粗大ゴミ・・・・・見栄、執着、欲望。足りない、足りない、足りないと、一生足りないことを追い求めるべきではなく、すでに足りることに気づいてゆくことこそ大事なり。いかなる状況に立たされていようと、決して自分の未来に絶望的だと思ってはならないし、まして口がさけても言うべきではない。違う結果を期待するなら、同じ習慣を何度も繰り返さないこと... <font color="#9933CC">純粋で素直で無邪気な子供の心を再び取り戻すために、我々が捨て去るべき粗大ゴミ・・・・・見栄、執着、欲望</font>。<br /><br /><br /><font color="#FF0033">足りない、足りない、足りないと、一生足りないことを追い求めるべきではなく、すでに足りることに気づいてゆくことこそ大事なり。</font><br /><br /><br /><font color="#33CCFF">いかなる状況に立たされていようと、決して自分の未来に絶望的だと思ってはならないし、まして口がさけても言うべきではない。</font><br /><br /><br /><font color="#FF00FF">違う結果を期待するなら、同じ習慣を何度も繰り返さないことだ。</font><br /><br /><br />(2002年10月「白光」 【日々の指針】から抜粋 西園寺昌美著)<br /><br /><font color="#00FF00">世界人類が平和でありますように</font>
208

一粒の種

どんな木でも種がなければ芽が出ないどんな大木も小さな一粒の種から育つそんな一粒の種から生まれた“世界人類が平和でありますように”この祈りは、国境、人種、民族、宗教、文化、伝統、習慣、主義主張を超え人類の心を一つに結びつけるため人類の永遠の平和を託し地上に蒔かれた人間が人間として生きるために誰もが等しく自由に生き誰もが等しく生命の尊厳を得誰もが自らの輝かしい人生を進化創造してゆくためにその一粒の種は今... どんな木でも種がなければ芽が出ない<br />どんな大木も小さな一粒の種から育つ<br /><br />そんな一粒の種から生まれた<br />“<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank">世界人類が平和でありますように</a>”<br />この祈りは、国境、人種、民族、宗教、文化、伝統、習慣、主義主張を超え<br />人類の心を一つに結びつけるため<br />人類の永遠の平和を託し<br />地上に蒔かれた<br /><br />人間が人間として生きるために<br />誰もが等しく自由に生き<br />誰もが等しく生命の尊厳を得<br />誰もが自らの輝かしい人生を進化創造してゆくために<br />その一粒の種は今生に誕生した<br />水が自然に流れ<br />雲が風に従って流れるように<br />一粒の種は<br />水や風に運ばれ<br />世界中にちりばめられていった
207

宇宙究極の光の一筋

宇宙究極の光を浴びる時わが細胞の一つ一つは最も至福の瞬間を迎えるのだ宇宙根源の力が注ぎ込まれ神の生命力がわが肉体を貫き 包み込んでゆくからだその神の生命力は傷ついた一つ一つの細胞の傷を癒しあらゆるストレスと苦しみを解き放ち平安と安らぎへと誘ってゆくすべては完璧だ心配することは何もない 何も起こらない細胞の一つ一つはわが肉体にあってその与えられた天命を完うしつづけるからだ... <a href="http://www.byakko.or.jp/6_gyoji/for_wpeace.html" target="_blank">宇宙究極の光</a>を浴びる時<br />わが細胞の一つ一つは<br />最も至福の瞬間を迎えるのだ<br />宇宙根源の力が注ぎ込まれ<br />神の生命力が<br />わが肉体を貫き 包み込んでゆくからだ<br /><br />その神の生命力は傷ついた一つ一つの細胞の傷を癒し<br />あらゆるストレスと苦しみを解き放ち<br />平安と安らぎへと誘ってゆく<br /><br />すべては完璧だ<br />心配することは何もない 何も起こらない<br />細胞の一つ一つはわが肉体にあって<br />その与えられた天命を完うしつづけるからだ<br />
206

自らが自らの人生の創造者

すべての事柄は外から自分に引き起こされるのではない自らが直接引き起こしていることなのだ物事は、すべて直接自分の意志を通して生じさせているのだ物事が起こる瞬間 この瞬間の訪れを自分自らで招きよせているのだ物事が起こるすべての瞬間は自分がどうしたいのか、どうありたいのか、どう思うのかの思考の連続の結果無意識に自分が選択し自分が決定を下すのだその結果がどうであれ自らの生を自らが導いていることに間違いはな... すべての事柄は外から自分に引き起こされるのではない<br />自らが直接引き起こしていることなのだ<br />物事は、すべて直接自分の意志を通して生じさせているのだ<br /><br />物事が起こる瞬間 この瞬間の訪れを<br />自分自らで招きよせているのだ<br />物事が起こるすべての瞬間は<br />自分がどうしたいのか、どうありたいのか、どう思うのかの<br />思考の連続の結果<br />無意識に自分が選択し自分が決定を下すのだ<br />その結果がどうであれ<br />自らの生を自らが導いていることに間違いはない<br /><br />自らが自らの人生の創造者なのだ<br />自らの心が自らの思ったことを<br />磁石のように次々と引きつけてゆく<br />真理に目覚めた人々は<br />自らの心そのものが<br />真なるもの 善なるもの 愛あるものを引きつけてゆく<br /><br />真理に目覚めた人々は<br />直接内なる直観により<br />時には神の啓示をうけて<br />迷うことなく物事を選択し決定してゆく<br />自らの可能性を最大限に発揮し<br />自らの貴重なる人生を見事に輝かしてゆく
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。