カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
248

今月のことば

 人間というと、この固まった肉体を考えるけれどもそうではない。永遠の生命の一筋が、この肉体の姿に現われているに過ぎない。 永遠の生命が或る時は肉体界に現われて肉体となり、霊界に現われては霊体となり、或る時は神界に還って本心を輝かすのである。人間とは永遠の生命の一つの流れであり、肉体はその顕現の一つの場所であり、器なのである。(1983年3月「白光」 五井昌久著)世界人類が平和でありますように...  人間というと、この固まった肉体を考えるけれどもそうではない。<br />永遠の生命の一筋が、この肉体の姿に現われているに過ぎない。<br /><br /> 永遠の生命が或る時は肉体界に現われて肉体となり、霊界に現われては<br />霊体となり、或る時は神界に還って本心を輝かすのである。<br />人間とは永遠の生命の一つの流れであり、肉体はその顕現の一つの場所であり、<br />器なのである。<br /><br />(1983年3月「白光」 五井昌久著)<br /><br /><br /><span style="color:#0000ff">世界人類が平和でありますように</span>
247

日々の指針

あなた以外に、あなたを真理に目覚めさせる人はいない。病気になって初めて、人は自らの人生の在り方に気づく。人は、過去の記憶や抑圧や、また未来の希望や夢に生きるのではなく、今、現に生かされているこの一瞬一瞬に生きるべきである。あなたが人から尊敬を得ようとしている時、あなたはすでに自らの真実の生き方を見失っている。時の運も、素晴らしき人との出会いも、自らがそれ相応の意志レベルに達した時、それは生ずる。あ... あなた以外に、あなたを真理に目覚めさせる人はいない。<br /><br /><br />病気になって初めて、人は自らの人生の在り方に気づく。<br /><br /><br />人は、過去の記憶や抑圧や、また未来の希望や夢に生きるのではなく、<br />今、現に生かされているこの一瞬一瞬に生きるべきである。<br /><br /><br />あなたが人から尊敬を得ようとしている時、<br />あなたはすでに自らの真実の生き方を見失っている。<br /><br /><br />時の運も、素晴らしき人との出会いも、<br />自らがそれ相応の意志レベルに達した時、<br />それは生ずる。<br /><br /><br />あなたの人生は、常にあなたが主役である。<br /><br /><br />いかなる人の上にも、天から、ちりばめる如くチャンスが降り注いでいる。<br />それを&#25681;めるか否かは、日頃どれだけ真理を実践しているかに比例する。<br /><br /><br />(2002年7月「白光」 西園寺昌美著)<br /><br /><br /><span style="color:#ff0000">世界人類が平和でありますように</span>
246

五井先生のことば

 人類というのは個々の神の分生命が、横の線において一つにつながっている姿である。そのつながりがからまったり、もつれたりすることによって、人類の不幸が生まれてくるのである。 神のみ心は地上に平和をもたらそうとしている。世界平和こそ神のみ心なのだ。神は世界平和の実現のために、天使としての守護の神霊を、この地球界に降し給っているのである。その天使群、守護の神霊団が全く一つになって働きはじめたのが、救世の...  人類というのは個々の神の分生命が、横の線において一つにつながっている姿である。<br />そのつながりがからまったり、もつれたりすることによって、<br />人類の不幸が生まれてくるのである。<br /><br /> 神のみ心は地上に平和をもたらそうとしている。<br />世界平和こそ神のみ心なのだ。<br /><br />神は世界平和の実現のために、天使としての守護の神霊を、<br />この地球界に降し給っているのである。<br />その天使群、守護の神霊団が全く一つになって働きはじめたのが、<br />救世の大光明なのである。<br /><br />そしてその救世の大光明の働きが、世界平和の祈りとして<br />私たちを働かしめているのである。<br /><a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/prayer.html" target="_blank" title="世界平和の祈り">世界平和の祈り</a>こそ、天の光明が私たち肉体身を受け器として、場所として、<br />人類世界に流れ、浄めてゆく祈り言なのである。<br /><br />(1993年7月「白光」 五井昌久著)<br /><br /><span style="color:#00ff00">世界人類が平和でありますように</span>
245

五井先生のことば

 汝自身を知る時、はじめてその人は世界人類のために役立つ、神の子的人間になり得るのであります。 自分自身を知る第一歩は、人間は神の生命において一なる者である、ということであり、人間はすべて兄弟姉妹なのであるということです。神の存在を思わぬ限り、我々の生命が一なる者の分かれであると思えません。お互いが兄弟姉妹なのであると真実に思うこともできません。 神の生命の外に、肉体人間的自己の生命というものがあ...  汝自身を知る時、はじめてその人は世界人類のために役立つ、<br />神の子的人間になり得るのであります。<br /><br /> 自分自身を知る第一歩は、人間は神の生命において一なる者である、<br />ということであり、人間はすべて兄弟姉妹なのであるということです。<br />神の存在を思わぬ限り、<br />我々の生命が一なる者の分かれであると思えません。<br />お互いが兄弟姉妹なのであると真実に思うこともできません。<br /><br /> 神の生命の外に、肉体人間的自己の生命というものがある、という考えからは、<br />真実の生命における一体観、真実の愛は湧き上がってはこないのです。<br />愛とは生命の一体観によっておのずら湧き上がってくる<br />神のみ心のひびきなのでありますから、<br />人間はまず愛深き自分になることを常に願うことです。<br /><br />(1993年3月「白光」 五井昌久著)<br /><br /><br /><span style="color:#cc0000">世界人類が平和でありますように</span>
244

世界平和の祈り

天の父にむかって叫ぼう大宇宙の中で地球の平和が成り立ちますように地の母にむかって叫ぼう地球人類が平和でありますように今こそ地球大進化の時人類は一度神のみこころに帰らねばならない貴方も貴女も君たちも皆大神の分生命一度(ひとたび)その本心に帰って神々の大光明波動をその肉身にひびかせねばならないそうなるための世界平和の祈り人類大調和の祈りだ祈りの中には妬みも恨みも争いもない個人が家庭が国家が人類がみんな... 天の父にむかって叫ぼう<br />大宇宙の中で地球の平和が成り立ちますように<br />地の母にむかって叫ぼう<br />地球人類が平和でありますように<br />今こそ地球大進化の時<br />人類は一度神のみこころに帰らねばならない<br />貴方も貴女も君たちも皆大神の分生命<br />一度(ひとたび)その本心に帰って<br />神々の大光明波動をその肉身にひびかせねばならない<br />そうなるための世界平和の祈り<br />人類大調和の祈りだ<br />祈りの中には妬みも恨みも争いもない<br />個人が家庭が国家が人類が<br />みんな神のみこころに帰っている時だ
243

消えてゆく姿を生かして

 (前略)消えてゆく姿という教えについて申し上げたい。 この肉体がここに現われておりますけれども、これは今現れているんじゃありませんよ。五十歳の人は五十年前に現われた。そういうのでもないんです。もっと過去世の過去世から人間が生きていて、それが輪廻転生して現われてくる。過去世の想いがここに現われて肉体になる。たとえば優しい想いをして、柔かい、愛の行いをしつづけてきたような人が生れれば、きれいな顔の優...  (前略)消えてゆく姿という教えについて申し上げたい。<br /><br /> この肉体がここに現われておりますけれども、これは今現れているんじゃありませんよ。<br />五十歳の人は五十年前に現われた。<br />そういうのでもないんです。<br />もっと過去世の過去世から人間が生きていて、<br />それが輪廻転生して現われてくる。<br />過去世の想いがここに現われて肉体になる。<br />たとえば優しい想いをして、柔かい、愛の行いをしつづけてきたような人が<br />生れれば、きれいな顔の優しい美人に生れてくる。<br />いつも人を苛めてばかりいたり、人殺しをばかりしていた人が生れてくれば、<br />すごい顔になって生れてくる。これは因果の法則なんです。<br /><br /> 原因があれば結果、因があれば縁があって果になる。<br />十二因縁とお釈迦様は説いています。<br />そうすると、この世に現われている人は、今現われているように見えるけれども、<br />実は前の世で現われて、それが映っているだけなんです。<br />もう成就しているんです。<br /> 
242

日々の指針

恐れとは否定的な現実を選択することである。感謝とは肯定的な現実を引き起こすことである。他人を裁くことは自分自身を裁くことに他ならない。他人を愛することは自分自身を愛することと同じである。常に自分が他に与えたものが自分に戻ってくるのである。人類のゴールは神である。そのゴールはすでに人類一人一人みな、ことごとく確定している。... 恐れとは否定的な現実を選択することである。<br />感謝とは肯定的な現実を引き起こすことである。<br /><br />他人を裁くことは自分自身を裁くことに他ならない。<br />他人を愛することは自分自身を愛することと同じである。<br />常に自分が他に与えたものが自分に戻ってくるのである。<br /><br />人類のゴールは神である。<br />そのゴールはすでに人類一人一人みな、ことごとく確定している。<br /><br />
241

日々の指針

明日の不確かさは、今日の生き方にて即、変わる。自らの思考と行動を占いに託すことは、低次元意識の為せるわざである。いかに優秀な頭脳といえども、あくまでも精神の道具である。意志は、すべての行為の源である。運命とは信念の投影である。信念の通りに運命は形づくられてゆく。子供も親も、他者の評価のみを気にして生きることの愚かさに、心して気づかねばならない。真の教育とは、いかなる困難の中にあっても、決して逃避せ... 明日の不確かさは、今日の生き方にて即、変わる。<br /><br /><br /><br />自らの思考と行動を占いに託すことは、低次元意識の為せるわざである。<br /><br /><br /><br />いかに優秀な頭脳といえども、あくまでも精神の道具である。<br /><br /><br /><br />意志は、すべての行為の源である。<br /><br /><br /><br />運命とは信念の投影である。信念の通りに運命は形づくられてゆく。<br /><br /><br /><br />子供も親も、他者の評価のみを気にして生きることの愚かさに、心して気づかねばならない。<br /><br /><br /><br />真の教育とは、いかなる困難の中にあっても、決して逃避せず、すべてを受容し、<br />困難を跳ね返す力、そして新たなものを創造してゆく力を養うことである。<br /><br />(2005年2月「白光」西園寺昌美著)<br /><br /><br /><span style="color:#336699">世界人類が平和でありますように</span>
240

今月のことば

人と人との生命は、お互いに交流し合い、愛し合うごとに生き生きと輝きを増してきます。人と人とが真実に愛し合えないでいて、どうして国と国とが愛し合うことが出来るでしょうか。... 人と人との生命は、お互いに交流し合い、愛し合うごとに<br />生き生きと輝きを増してきます。<br />人と人とが真実に愛し合えないでいて、<br />どうして国と国とが愛し合うことが出来るでしょうか。<br />
238

如是我聞

 どんな業も消える。ことある毎に守護霊守護神に感謝すること。業も自分で消すのではない。守護霊守護神が消してくれるのです。                 “自分の祈り方が頭脳的想念の祈りではないかと思うのです。頭脳的感謝でなく、頭脳的想念の祈りではなく、心からの感謝であり、心からの祈りが出来るにはどうしたらよいものでしょうか”という青年からの質問に対する五井先生の答え。 「みなそう思うのね、やはり年...  <span style="color:#0000ff">どんな業も消える。ことある毎に守護霊守護神に感謝すること。<br />業も自分で消すのではない。守護霊守護神が消してくれるのです。</span><br />                <br /><br /><br /><span style="color:#ff0000"> “自分の祈り方が頭脳的想念の祈りではないかと思うのです。<br />頭脳的感謝でなく、頭脳的想念の祈りではなく、心からの感謝であり、<br />心からの祈りが出来るにはどうしたらよいものでしょうか”という青年からの質問に対する五井先生の答え。<br /> 「みなそう思うのね、やはり年限が必要なんですよ。今、あなたは心からの感謝が<br />出来つつあるから、そのままつづけなさい。<br />五年前とはまるっきり違っているんですよ」そのあとこうつけ加えられた。<br /><br /> 「みんな大ていこの頭で祈ろうとする。そうではない。頭をすてればいいのです。<br />今更改めて祈るのではなくて、初めから人間は祈っているのです。<br />その祈っている自分を発見すればよいのです。<br />そうすれば五井先生のように呑気になる」</span><br /><br />(『如是我聞ー時折り五井先生より拝聴したお話ー高橋英雄編著』 1980年2月 『白光誌』より)<br /><br /><br /><span style="color:#cc0000"><span style="color:#00ff00">世界人類が平和でありますように</span></span>
236

今月のことば

 神の大生命から生れてきた小生命である人間なのですから、困った時には、大生命の神様の指示を仰ぎ、応援を得たとしても、決して恥ずかしいことではないのです。 人間が真剣に祈れば、神は必ず人間の意向をきいて下さるのです。まして現在では、各人守護の神霊の他に、救世の大光明という、神々聖賢の集りである大きな力が、正面きって、地球人類の救済の力となって働いているのであります。 それが形の上では世界平和の祈りと...  神の大生命から生れてきた小生命である人間なのですから、<br />困った時には、大生命の神様の指示を仰ぎ、応援を得たとしても、<br />決して恥ずかしいことではないのです。<br /> 人間が真剣に祈れば、神は必ず人間の意向をきいて下さるのです。<br />まして現在では、各人守護の神霊の他に、救世の大光明という、<br />神々聖賢の集りである大きな力が、正面きって、地球人類の救済の力と<br />なって働いているのであります。<br /> それが形の上では世界平和の祈りとして、次第に各国に広がりつつあるのです。<br />肉体人間だけでなんでもできるという、思い上った考えを、神と人間との一体観によって、<br />神々聖賢の力を借りて、地球世界に真の平和を打ち立ててゆくという、<br />神人合一の働きをこれから示してゆくことになるのです。<br /><br />(1987年1月「白光」 五井昌久著)<br /><br /><span style="color:#0033cc">世界人類が平和でありますように</span><br /><br />          *<br /><br /><br />新年あけましておめでとうございます<br /><br />皆様が本心(<a href="http://www.byakko.or.jp/1_about/teaching.html" target="_blank" title="我即神也">我即神也</a>)とつながりますように<br />光り輝きますように<br />天命が完うされますように<br />進化創造しますように<br /><br />今年もよろしくお願いします。<br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。