カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
290

自らの肉体を讃える祈り

私の聖なる肉体さん崇高なる肉体さん神秘なる肉体さん神々しき肉体さん進化創造せし肉体さん大調和せし肉体さん完璧なる肉体さん美しき肉体さん輝かしき肉体さん若々しき肉体さん高貴なる肉体さん清楚な肉体さん ありがとうございます私は、自分の肉体に心より感謝を捧げますそしてこの肉体を通して一瞬一瞬神の言葉神の心(意志)神の行為を顕せる自分になれますように(2008年10月「白光」 シリーズ・インフィニット・ワーズの... 私の聖なる肉体さん<br />崇高なる肉体さん<br />神秘なる肉体さん<br />神々しき肉体さん<br />進化創造せし肉体さん<br />大調和せし肉体さん<br />完璧なる肉体さん<br />美しき肉体さん<br />輝かしき肉体さん<br />若々しき肉体さん<br />高貴なる肉体さん<br />清楚な肉体さん ありがとうございます<br />私は、自分の肉体に心より感謝を捧げます<br />そしてこの肉体を通して<br />一瞬一瞬<br />神の言葉<br />神の心(意志)<br />神の行為を顕せる自分になれますように<br /><br />(2008年10月「白光」 シリーズ・インフィニット・ワーズの詩《106》 <a href="http://www.byakko.or.jp/3_masami/masami_prof.html" target="_blank" title="西園寺昌美">西園寺昌美</a>著)<br /><br /><br /><span style="color:#ff0000">世界人類が平和でありますように</span>
287

『ツキということについて』より抜粋

(前略)この人間の業生の世界では、運、不運というものがつきものであって、巧みに運をつかんで進んでゆく人が、この世の成功をするのである。この運、不運というものがツキを常に自己の運命につけておかなければいけない。それにはどうすればよいかというと、ツキというもはあくまで、この業生の世界の波なのであるから、この業生の世界を超えながら、しかもこの業生の世界で生活する、という方法を会得しなければ、常にツキを身... (前略)この人間の業生の世界では、運、不運というものがつきものであって、<br />巧みに運をつかんで進んでゆく人が、この世の成功をするのである。<br />この運、不運というものが<span style="color:#0000ff">ツキ</span>を常に自己の運命につけておかなければいけない。<br /><br />それにはどうすればよいかというと、<span style="color:#0000ff">ツキ</span>というもはあくまで、この業生の世界の波なのであるから、<br />この業生の世界を超えながら、しかもこの業生の世界で生活する、という方法を会得しなければ、<br />常に<span style="color:#0000ff">ツキ</span>を身につけておくわけにはゆかない。<br /><br /><span style="color:#0000ff">ツキ</span>を身につけるというより、<span style="color:#0000ff">ツキ</span>などにおかまいなく、<br />自己の実力を出しきってゆくことのできる方法を会得しなければいけない。<br /><br /> 
285

日々の指針

疑いは善きものさえも消し去ってしまう。人生は初めから終わりまで、創造のプロセスである。いかなる現象をも、すべて一切を祝福し感謝できたならば、神人そのものである。自然界では常に原因と結果の均衡がとれている。この世に生じるすべての出来事は、起こるべくして起きている。我々は、自分の無意識の言動が、どのような結果を生むかを充分承知した上で行為に移すべきである。自分の力量以上の人間になろうと努力するな。そう... 疑いは善きものさえも消し去ってしまう。<br /><br /><br />人生は初めから終わりまで、創造のプロセスである。<br /><br /><br />いかなる現象をも、すべて一切を祝福し感謝できたならば、<a href="http://www.byakko.or.jp/4_method/shinjin_project.html" target="_blank" title="神人">神人</a>そのものである。<br /><br /><br />自然界では常に原因と結果の均衡がとれている。<br /><br /><br />この世に生じるすべての出来事は、起こるべくして起きている。<br /><br /><br />我々は、自分の無意識の言動が、どのような結果を生むかを充分承知した上で行為に移すべきである。<br /><br /><br />自分の力量以上の人間になろうと努力するな。<br />そうではなく、内在している潜在能力を引き出すことに努力するのだ。<br /><br />(2004年6月「白光」 <a href="http://www.byakko.or.jp/3_masami/masami_prof.html" target="_blank" title="西園寺昌美">西園寺昌美</a>著)<br /><br /><span style="color:#0000ff">世界人類が平和でありますように</span>
284

『日々の指針』から抜粋

人はみな、可能な限り高貴に生きたいものだ。すべてを受容できる時、それは不信が信頼に変わる瞬間だ。あなたが不安や恐怖を感じる時、あなたは自己の欲望で一杯になっている。人生とは、さまざまな困難や苦痛に耐えるためではなく、自らの内に宿る神性を目覚めさせてゆくためになる。あなたは毎日、誰と闘っているのですか。ハイ、自分とです。あなたは自分の言葉を通して、その状況、環境を創り出している。(2001年6月「白... 人はみな、可能な限り高貴に生きたいものだ。<br /><br /><br />すべてを受容できる時、<br />それは不信が信頼に変わる瞬間だ。<br /><br /><br />あなたが不安や恐怖を感じる時、あなたは自己の欲望で一杯になっている。<br /><br /><br />人生とは、さまざまな困難や苦痛に耐えるためではなく、<br />自らの内に宿る神性を目覚めさせてゆくためになる。<br /><br /><br />あなたは毎日、誰と闘っているのですか。ハイ、自分とです。<br /><br /><br />あなたは自分の言葉を通して、その状況、環境を創り出している。<br /><br />(2001年6月「白光」 『日々の指針』 西園寺昌美著)<br /><br /><br /><span style="color:#ff0000">世界人類が平和でありますように</span>
283

すべては心

肉体がいかなる状況にあろうともすべての機能・臓器・器官の内なる働きは常に完璧にそれぞれの役割を遂行しようと懸命に試み癒し、進化し、創造しつづけているのである肉体は本来何事も為しうるものなのである修復しうるものなのである自らの肉体の見事さ、完全さ、偉大さを人は心から知らねばならないたとえ肉体が傷つき病み痛んだとしても肉体が癒されないということはない肉体は放っておいても自然に癒され調和し元の完全なる働... 肉体がいかなる状況にあろうとも<br />すべての機能・臓器・器官の内なる働きは<br />常に完璧にそれぞれの役割を遂行しようと懸命に試み<br />癒し、進化し、創造しつづけているのである<br /><br />肉体は本来何事も為しうるものなのである<br />修復しうるものなのである<br />自らの肉体の見事さ、完全さ、偉大さを<br />人は心から知らねばならない<br />たとえ肉体が傷つき病み痛んだとしても<br />肉体が癒されないということはない<br />肉体は放っておいても自然に癒され調和し<br />元の完全なる働きに戻ろうとするものなのだ<br />なぜならば、六十兆の細胞のDNAの一つ一つが<br />宇宙の意志に従って存在し、役割を担っているからだ<br /><br />その本来の働きを邪魔し、妨げ、混乱させているのは<br />自らの不安、恐怖の心そのものなのだ<br />それ以外にない<br />それは自らの完全性、調和性、神秘性を信じていないからだ<br />自らの心が自らにしむけている業(なりわい)なのだ<br />自らの心を束縛し、制限を加え、働きを阻止しているのは<br />自らの否定的想念そのものなのだ<br />その否定的想念そのものが<br />自らの肉体の癒しを阻(はば)んでいるのである<br /><br /><br /><br />
282

如是我聞ー私は先生からこのようにお聞きしましたー

この記事はブロとものみ閲覧できます<br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。