カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
118

究極の真理を伝えよう

二十世紀において
私の右手はペンを片時も離さず
常に人類の心の奥を鑑み
いかに真理を簡単に伝えるべきかを
私の天命と信じ
白光誌に法話を書きつづけてきた

多くのうちの人々はそれに見事に応えてくれた
私に強い自信とさらなる確信とを与えてくれた
真理を聴くのはいとも易しいことだ
自らの知的欲求を充たすことは自己満足以外の何ものでもない
真理を一つ一つ丁寧に自らの人生の上に照らし出すことこそ尊いのだ
何十回 何百回と富士聖地に足繁く通いつめても
その日の法話を一期一会の如く真剣に魂で聴かないならば
そして実行に移さないならば勿体ない

真理そのものを自らの心の中に生かさなくては真理とはいえない
真理でさえ人を介して傷つけられ葬り去られる
真理そのものは生命であり 天命であり 働きである
光であり エネルギーであり 叡智である
真理を生かすも殺すも我々次第である

真理は人の心の中で
自由自在に変化し 多様性をもって生きている
人は自らの神性を開発し 神性を顕現するために
一日 一時 一瞬を大事に生きるならば
真理はその時 その場 その状況 その出会いにおいて
その生命力を見事に発現する
ひらめきとなり 直観となり 愛となり 思考となり 智恵となり
自らの内なる声を通して外に踊り出る

真理は人を介して初めて真理そのものの存在を現わす
人が真理に対して何ら意識を向けず 働きかけず 振り向かないならば
真理は ただそこに在るだけだ
存在しているにすぎない
真理は人を介してこそ初めて
真理たる権限を発動する

真理を生かすも殺すも我々次第
真理に生命を与えるのも 生命を奪うのも我々次第
真理を復活させるのも 永遠に葬り去るのも我々次第

私の右手は
真理を追究し 真理を書きつづけてはや二十年
究極の真理は私のペンを借りて再び地上に復活した
この真理を多くのうちの人たちが生かしてくれたのだ

息吹を与え 生命を与えてくれたのだ
よみがえらせてくれたのだ
究極の真理 我即神也・人類即神也
そして印 マンダラ 地球世界感謝行 光明思想徹底行
神人たちの手によって生き返ったのだ
真理は宇宙空間にただ存在していることから
一人一人の魂の中でよみがえらされたのだ

そして二十一世紀に至った
この究極の真理にさらに強力なる宇宙神の光が照射され
何万倍の偉大なる光明となり
人々の魂の中で躍動し始めたのだ

真理は行動に移してこそ
真理たるゆえんである
心の中で 魂の中で ただ眠っていただけでは何にもならない
ただ存在しつづけているだけでは何の働きもしない
真理とは呼べない

究極の真理を使いこなしてこそ
真理は生きるのだ 復活するのだ
この真理に息吹を与えつづけた
我々同志 五井先生の神人たち

二十一世紀
我々神人たちの手によって
究極の真理を待ちわび待ち望んでいる人たちに
伝えていこうではないか

人類一人一人の心の中に 魂の中に
真理が再びよみがえり 復活するならば
世界の平和もあと一息だ

今や我々神人たちの手によって
究極の真理 我即神也の印・人類即神也の印 宇宙神マンダラはよみがえった
この功績は偉大なり
この究極の真理は
すべての国境 人種 民族 宗教宗派 主義主張を超えて浸透してゆく

印を組むこと マンダラを描くことは即
究極の真理を実行に移している証だ
ただ真理が宇宙空間に存在しているのとは全く違っている
真理を実行に移す人が一人でも多ければ多いほど
世界人類は幸せに平和に導かれてゆく

我々神人のこれからの働きは大きい
我々印を組む人 マンダラを描く人の存在価値は甚だ大きい
希少価値である

自らが真理に目覚めし
我ら神人にカンパイ!

今日もまた一人で黙々と印を組む
我即神也 人類即神也

《インフィニット・ワーズの詩(14) 西園寺昌美著 2001年2月「白光」より》


世界人類が平和でありますように

人に助けられ、自然に助けられ
守護霊様、守護神様に助けられ
感謝のみです。

無限なる感謝!

明日はお休みします。

ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。