カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
144

善人よ強かれ

世界中に良い人が多勢いながら
悪い行の人々が常に幅をきかせ
戦争をしたくない人が一杯なのに
世界は大戦争の危機をいつもはらみつづける
こんな不合理な話はないのだけれど
事実は少数の悪に多勢の善が追いまくられる
こうした人類の狂いを直さないで
何んで世界が平和になることができようか
善人というのは人に悪をなさぬというだけではない
自分の生活だけを守ろうとする
心の弱い善人たちが
いくら多勢集まったところで
強力な少数の悪人の迫力に敵するものではない
真(まこと)の善人とは
人間の本心開発の為に
天の理想を地に現わすために
人類の完全平和達成のために
少しでも積極的に働きかけている人のことをいうのだ

国が焼けつくして
地球が燃えつくして
一体人間はどこへ遁れようとするのか
善人たちが勇気を出さないでいて
地球の危機が救われるとでもいうのか
善人が分れ分れの心でいてはいけない
一つの目的に心を合わせてこそ
誤まれる人々を浄める力が現われる
悪党に世界を渡してはいけない
善人が天と直通して
大光明力を発揮しなくては
地球世界を救うことはできない
世界平和の祈り
そうした心から生れでた祈りだ
悪は人間の本来性ではないのに
善人は悪を恐れ
悪の前に自己の前進を止める
そういう想いはすべて消えてゆく姿
世界平和の祈りの中で
神の大光明の中で
善人は逞(たく)ましく生れかわり
地球世界を浄めさり
真実の理想世界を現わさなくてはならない

善人よ
心正しき人々よ
神のみ心に結集して
さあ 天と地をつなぐ光の柱となろう

<詩集「純白」 五井昌久著 白光出版>


世界人類が平和でありますように
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。