カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
176

献身(けんしん)ー生きとし生けるものすべてに捧ぐー

海辺の街の夕餉の膳に
来客の私をもてなすと出された伊勢海老
背なを割られて刺身となつたその海老の
終(つい)のいのちのかすかな律動
大海原(おおわだつみ)の心に育(は)ぐくまれ
今私の前にその身をさらす伊勢海老のかなしさが
思わず私の涙をさそう
私は心しみじみ合掌し
この海老はじめ動植物の
人類への献身に深い感銘を捧げ
今日までの人類世界の生き方の大きな誤りを
多くの生きとし生けるものにむかい
心ひそかに詫びていたのである

海老よ 伊勢海老よ
おまえたちの人類への献身を
真実に生かす光明の道の私は使者
地球世界に平和を築く祈りの柱
動植物人類同時成道の真理が
大神のみ心にあることを私は知つている
おまえたちの無心の献身はその日のための全く尊い教訓なのだ

海老よ 伊勢海老よ
すでに肉の身を捨てたおまえのいのちは
今日から私のいのちと融け合つて
世界平和の祈りの使者となり雄々しく美しく生きつづけてゆくのである

(1982年4月「白光」 五井昌久著)


世界人類が平和でありますように
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。