カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2

人間というものは何か

私は自分の体験として、肉体は人間の一つの器(うつわ)であることをハッキリ知った。
人間というものは霊そのものであり、魂魄(こんぱく)として肉体に働いているものであることも知った。
 人間の本体である霊というものは、そのまま神であり、宇宙神の生命の動きのとおりに働きつづけているものであることも知った。そして、人間の一分一秒の歩みでさえも、この大宇宙に影響があり、いかに大事であるかも知った。
 人間が肉体のみを人間の全存在として生きるか、肉体を霊の器、神の器として生きるかによって、この人間世界が、そのまま天国ともなり、地獄ともなるものであることも知った。
(『日々の祈り』より抜粋 五井昌久著)

ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。