カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
216

母と云う名は不思議なひゞきをもつ
甘く柔かく 香(かぐ)はしく美(うる)はしく
清々(すがすが)として慕はしく
優しいけれど強靭で
にこやかでゐて凛然とみえる

母には齢(よはひ)もなく階級もない
母はすでに女性を超え
あらゆるものを生み育て抱擁する
母の微笑はそのまゝ光であり
母の言葉は妙なるひびきである

妬心 猜疑 そして狭量
さうした業(カルマ)は
女性のものであつて母のものではない

母と云う名は不思議なひゞきをもつ
母は大地であり滋味であり菩薩である
母は愛と云ふ名にふさはしく
献身そのもの心をもつ
母と云ふ名の不思議なひゞきをたどつて
私は今
七十をいくつか超えた私の小さな老母を懐しむ

(1986年5月「白光」・<ひびき>より 五井昌久著)

世界人類が平和でありますように
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。