カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
221

平凡に徹しよう

青年は天才に心をひかれ
非凡なるものに憧がれる
時には自己を非凡なものにみせかけようとさえする
だが青年達よ
天才は一朝にして生まれるものでもなく
非凡な行為は瞬時にしてできるものでもない
天才に心ひかるるもよい
非凡に憧がるるもよい
だがしかし青年達よ
人間は一度あらゆる虚色を捨て
平凡に徹していなければいけない
あらゆるものを神のみ心として受け入れる平凡さに徹した時
そこから天才が生れ
非凡があらわれる
そういう事実を私は身をもって体験している
私の非凡はそこから生れたからだ
天才を鼻にかけ
非凡をひけらかしながら生きている愚かさを
平凡に徹した私はよく知っている
天才や非凡に想いが把われた時
その人達の運命はくずれ
平凡に徹した時
非凡なる光は永遠にうちから発しつづけられるのだ

(1983年11月「白光」<詩集「純白」より再録> 五井昌久著)

世界人類が平和でありますように
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。