カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
243

消えてゆく姿を生かして

 (前略)消えてゆく姿という教えについて申し上げたい。

 この肉体がここに現われておりますけれども、これは今現れているんじゃありませんよ。
五十歳の人は五十年前に現われた。
そういうのでもないんです。
もっと過去世の過去世から人間が生きていて、
それが輪廻転生して現われてくる。
過去世の想いがここに現われて肉体になる。
たとえば優しい想いをして、柔かい、愛の行いをしつづけてきたような人が
生れれば、きれいな顔の優しい美人に生れてくる。
いつも人を苛めてばかりいたり、人殺しをばかりしていた人が生れてくれば、
すごい顔になって生れてくる。これは因果の法則なんです。

 原因があれば結果、因があれば縁があって果になる。
十二因縁とお釈迦様は説いています。
そうすると、この世に現われている人は、今現われているように見えるけれども、
実は前の世で現われて、それが映っているだけなんです。
もう成就しているんです。
 
 運命学というのがありますね。名前をみる、生年月日をみる、星をみると、
ああこの人はこういう風になってこうなる、とわかる。霊的にみても、赤ん坊をみると、
二十歳になり二十五歳になり、おばあさんになるまでズーッとみえてくる。
運命が記憶されているわけですよ。
それでわかるのですし、運命学というのが成り立つわけです。

 この記憶されている運命というのは、自分の想い方によって変えることができるのです。
今迄、、暗い考えを持っていて、暗い運命に決まっている人でも、明るい、
世界人類が平和でありますように、という大光明波動の中へ入ってゆくと、
この暗いものが消えてしまうのです。そして明るい想いの自分に変ってゆく。
そうすると運命がよくなってゆくわけです。
一応運命は決まっているんですが、それは変えることができる。
(後略)

(1970年9月「白光」 『みんなで考える平和』から 五井昌久著)


世界人類が平和でありますように
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。