カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
245

五井先生のことば

 汝自身を知る時、はじめてその人は世界人類のために役立つ、
神の子的人間になり得るのであります。

 自分自身を知る第一歩は、人間は神の生命において一なる者である、
ということであり、人間はすべて兄弟姉妹なのであるということです。
神の存在を思わぬ限り、
我々の生命が一なる者の分かれであると思えません。
お互いが兄弟姉妹なのであると真実に思うこともできません。

 神の生命の外に、肉体人間的自己の生命というものがある、という考えからは、
真実の生命における一体観、真実の愛は湧き上がってはこないのです。
愛とは生命の一体観によっておのずら湧き上がってくる
神のみ心のひびきなのでありますから、
人間はまず愛深き自分になることを常に願うことです。

(1993年3月「白光」 五井昌久著)


世界人類が平和でありますように
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。