カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
296

一点の悪をも認めぬ愛と赦しの教え

 私が現在説いている

「病気として現われている姿も、貧乏として現われている姿も、
みんな過去世からの業が現われて消えてゆく姿なのだ、必ず消えるのだ、
消えた後には人間本来の神の光が現われて、
真実よい世界があなたの環境に現われるのだから、
ただ一心にすべて消えてゆく姿だと思い、
守護霊、守護神に感謝の祈りをしていなさい。
きっと守護霊さんがうまくやってくださるのだ」


という教えは、
神への全託の教えであり、現在の人間の中に一点の悪をも認めぬ、
愛と赦しの教えなのである。

人間の性善説、実相完全論を説くなら、徹底してそれのみを説くべきである



(『日々の祈り』 白光出版)

世界人類が平和でありますように
日本(祖国)が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます

愛と光の世界へ




ひとりごと

宇宙究極の光を降ろす行事が終って少し体が動けない状態です。(無限なる愛と赦し)すべて消えてゆく姿。ジャッジせず、そしてどんな状況でも前進しているのだと思います。(祈っていれば)
焦らず力まずゆっくりと守護霊様守護神様と共に・・・何はともあれ今年のご神事を行ない続けていきたいと思います。

高島さんの絵

月の国集会責任者の高島さんの油絵です。
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。