カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
59

文字を書く

私は今日も文字を書く
一という字を書く
筆はたっぷり墨をふくむ
一という字は後にも先にもごまかしようのない字だ
紙の上に筆を下(おろ)した時に一の姿が定まる
私は無心に筆を下(おろ)す
一瞬にして一の字は紙の上に現われる
一の中に天地が消える
私もあなたも融けこんでしまう
一という字が大宇宙そのままに
そこに現われている
一という字は私が書きながら
私の書いたものではない
太初(はじめ)からあって永遠に在る
すべてのすべてであって
まだすべてが現われぬ姿
最大であって最小のもの
一の文字の中に書いた私は消え
そして又現われる
一の中に無限のひびきがかくされ
私たちもその中で生きている

私は今日も一という字を書く
〈1968年8月「白光」より五井昌久著)
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。