カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
70

世界平和を祈ろう

宇宙と云うのは不思議な存在
数多の星々を輝かせて
何んと云うこの静けさだろう
生命波動を生々とひびかせながら
それでいてこの深い深い静けさ
そんな深い静寂の中から
この地球世界にひびいてくるいのちの躍動
天空の彼方から大地の底から
生きのいのちの輝やかなことばが
すべての存在を生かしきろうとしている
だが まだまだ駄目なのだろうか
地球世界は幼すぎるのか
権力と金力が住むあらゆる欲望の渦の中で
人と人とが国と国とが争い合う
生命の本源を忘れ果てた
地球世界の権力者たち
業想念波動に踊らされる肉体人間の群れ
そんな人々の吐き出す黒雲に蔽われて
地球世界の悲劇はどこまでも発展してゆこうとする
こんな時
目醒めた人々は一体どうすればよいのか
地球世界の大悲劇を未然に防ぐ為の手段を御存知なのか
それは只一つしかないのだ
世界中の人々が想いを一つにすることだけだ
人と人とが分かれていても
国と国とが対立していても
本源の世界ではみんな一つの生命で結ばれていると云うことを
一人一人が知らねばならない

私とあなたが一つになり
あなたとあなたが一つになり
国と国とが一つになり
みんな平和を欲っしているんだと叫ぶことだ

世界人類が平和でありますように
私のこの祈りはその心から生れた
本源世界の大調和波動と全く一つになるひびきは
世界平和一念の生き方の中にすべての想いを投入しきることだ
私は世界平和の祈りを唱えつづける
君もあなたも唱えつづける
一人一人の唱え言が
やがて世界中の唱え言に必ずなる
私は宇宙神のみ心の中にすっぽり入りこんで
昨日も今日も明日(あした)も明後日(あさって)も
世界人類が平和でありますように と唱えつづける
地球世界の大調和実現のその日まで
私の平和の祈りはつづくのだ

(『平和讃』所収、初出誌・「白光」昭和38年5月号 五井昌久著)
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。