カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
77

無為

無為の道には
はじめもなければ終わりもない
業(カルマ)もなければ因縁もない
しなければならぬも していけないもない
うつるものはうつるにまかせ
消えてゆくものは消えるにまかせ
それでいて大調和のひびきを奏(かな)でつづける
無為の道は老子の開いた道
極(きわ)みなく計り知れなく高い無限の広がりの
創造の大智慧大能力に真直ぐに融け入り
大宇宙の道をそのまま自(みずか)らの道としている
無為の人 老子
平和世界実現のさきがけは
無為の道から生れ
老子の放つ大光明は
我等の心を照らしつづける

老子の道は無為より生れでた道
無為の奥にある道は無限に広く深い
無為から生れでた道も無限につづく
老子の心は天地を貫いて輝き
今も地球世界を照しつづける
老子は飄々孤として道を説き
自由自在身そのままを生きる
老子の道には消極もなければ積極もない
大宇宙神のみ心が自(おの)ずと体から溢れて言葉となり行為となる
この道を無為という
無為の道は宇宙法則そのままの道
生命あるところすべて大調和なさしめる光明の道なのだ

(『純白』所収 五井昌久著)
ブログ内検索
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。